おう せん キングダム。 キングダムで王翦と李牧が中華最高峰の強さを誇る理由とは?

【ネタバレ注意】キングダムの武将、王翦(おうせん)について現在分かっていることまとめ

キングダムと同じ、王賁(おうほん)の父でもあります。 漂:吉沢亮(1人2役)• こ こで冷静な判断のできる王翦(おうせん)は、 やはり王翦(おうせん)は軍略に長けた最強の将軍なのかもしれません。 幽連 【幽族】現蚩尤で羌瘣の仇討ち相手• ここで出た策略というのが、趙が秦に仕掛けていた兵糧攻めを、今度は鄴に趙の難民を集め、兵糧攻めで返すというものでした この戦略が功を奏しました。 そして必殺の技なので攻撃が当たれば死亡する可能性が高いので、戦場ではほぼ無敵の威力を誇ります。 五千人将になればその上は将軍だじゃあな千人将• 戦局は一任されていましたが、開始序盤で、ここまで戦略を変化させるのは予想外で、この柔軟性こそ、王翦の軍才が光ったシーンではないでしょうか。 楊端和と共に鄴を攻め、陥落させた。 これにより、何より負けることがありません。

Next

人物紹介

楚を滅ぼすのにどれくらいの兵力が必要だ。 また、東越の王を降して、ここに会稽郡を置いた。 王都圏内のため、すぐに趙兵に見つかりました。 最高潮に高まった士気から、ここで王翦がどう反撃の手を撃つのか、廉頗は期待して構えたのですが、王翦は全軍退却の指令を出したのです。 函谷関の裏を守る王翦は、燕軍総大将と対峙します。

Next

【キングダム】王賁の能力がヤバイ!父との関係や能力、活躍まとめ

秦王政は楚を滅ぼすための計画を立て、王翦以外の武将に「どれぐらいの兵力が必要か」と尋ねました。 2人の武将は「20万人で十分」と答えましたが、王翦は「60万人が必要」と3倍の兵力が戦に勝つためには必要であると回答。 これは、領地持ちの貴族を意味するため、将軍が望める最大の地位、つまり最大の出世を果たしたことを意味しています。 王翦軍をここに呼ぶのは絶対にやめろ プライドが高い点が、名言を通してよく理解できるでしょう。 これはどういう戦いだったかと言うと、李牧が旗振り役となって趙や楚、韓などの多数の国で秦国を滅ぼそうとしたもの。 ここからさらに凄いのが、李牧を見て、王翦も本能型の戦い方をすぐに取り入れ始めることです。

Next

漫画キングダム年表

列尾を落とされる前に、全軍で趙の第二都市、ギョウを落とすことは可能かどうか、王翦は自ら見に行くのですが、そこでギョウが完璧な城であることを知ります。 函谷関が楚軍に裏を取られていたのです。 キングダムの王翦 おうせん とは? キングダムの王翦 おうせん とは、秦国の武将の1人です。 戦況が五分五分のなか、このまま戦えば勝てる可能性も負ける可能性もありました。 また、戦闘力も 「化け物」と噂されており、蒙恬(もうてん)からも、 「順当にいけば新六大将軍に選ばれる」と評価されています。 この光景はまさに圧巻。 これらは王翦と李牧のイメージにもそのまま当てはまります。

Next

【ネタバレ注意】キングダムの武将、王翦(おうせん)について現在分かっていることまとめ

同じ秦の将軍ですし、直接戦うことは今後ないと思いますので、結論づけるのは難しいところです。 >> 王翦将軍の頭の中には 中華最強の国を作ることが出来る自信があるのでしょう。 これは自分に反乱の意思が無いことを暗に伝えるためだったとされています。 王賁自身も父親に対しては複雑な感情を抱いているような節が描かれ、父のことになると私情を挟む場面も。 昭王の時代から冷遇されていたのですから、そのような思想はずっと胸の内にあって、必ず少しずつでも国を作る準備をしているはずです。 しかし楚の最後の名将・項燕の軍が秦の軍勢を打ち破り、 信と蒙武は大敗北。 スポンサーリンク 4.王翦の実力がよく分かる驚愕のエピソード キングダムに登場する王翦の最大の活躍といえば、「 項燕との戦い」でしょう。

Next

【ネタバレ注意】キングダムの武将、王翦(おうせん)について現在分かっていることまとめ

自分勝手• 王翦(おうせん)は昌平君(しょうへいくん)の戦略をすて、自ら作戦を組みます。 そうか〜。 その構想までも頭に入れて、趙攻略の戦いに挑んでいるのではないでしょうか。 性格としては、冷静沈着、無駄な事は一切せず、戦に勝つのであれば、手段は選ばず最短ルートで片付けるような、そんな人物です。 スポンサーリンク 2.王翦の活躍から判明した驚きの性格 最強の武将とも言われる王翦ですが、どのような 性格をしているのでしょうか?• この能力は、キングダムの世界において肝になる能力であり、元々キングダムの前身の読み切り短編集である「李牧」を読めば、その重要性が痛いほど伝わってきます。 しかし、ただ撤退をしたのではく、 王翦(おうせん)の最も得意とする土俵へ誘い込み、最高の状態で相手を叩き潰したのです。

Next

人物紹介

彼の武器は「槍」で、才能と努力により槍術は達人の域にまで達し、誰も彼を超えることは出来ないと言われているほど。 ・絶対に勝つ戦以外興味はない ・戦のど真ん中で策略を練る ・危険人物 王翦(おうせん)は未だ一度も戦に その知略あふれる王翦(おうせん)の戦いぶりは、 史実通りの活躍をキングダムでも再現をされるのであれば、 秦国には必ずなくてはならない存在となるはずです。 政は自らを殺そうとした燕を滅ぼす 秦王政は自らを殺そうとした燕の太子丹に激怒。 それから、皆兵をあわせて一軍とした。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回、キングダムの王翦 おうせん 将軍について現在分かっていることをベースに紹介しました。

Next