いつか 歌詞 saucy。 Saucy Dog(サウシ―ドッグ)てバンドのいつかって曲の歌詞とかが秀逸な件

Saucy Dog「いつか」の楽曲ページ|1006389795|レコチョク

1曲まるごと収録されたCDを超える音質音源ファイルです。 ・せと ゆいか 撮影=風間大洋 ——今回のミニアルバムにはコンセプトやテーマみたいなものはあったんですか? 石原:いや、なかったです。 オードリーの若林(正恭)さんが何かのテレビ番組で「そのくだりもういいよ」ってツッコんでたんですよ。 僕の見た景色を全部 君にも見せてやりたかったんだ あったかいココアを一口 いつかまた会う日までと 笑う顔に嘘は見当たらない じゃあね じゃあね またどっか遠くで いつか いつかまた会う日まで、というフレーズを使いながらも、もう2度と会うことのないような儚さを感じる歌詞です。 俺はこういう捉え方をするからこういう歌詞を書く、それがみんなにも共感できるみたいな、そういう絶妙なところを狙っていきたいなって 秋澤:僕はとにかく音楽が大好きなので、自分が納得いく、プラス面白い曲とかアルバムとかを作っていきたいです。 坂道を登った先の暗がり 星が綺麗に見えるってさ 地べたに寝転んじゃうあたり あぁ君らしいなって思ったり 時間を忘れて夢中になった 赤信号は点滅している 肌寒くなり始めた季節に 僕らは初めて手を繋いだ 2人の物語 2人でひとつの傘を差したり ブランコに乗り星を眺めたり 押しボタン式の信号機を いつも君が走って押すくだり 仰向けになって見た湖 宙に浮いてるみたいってさ はしゃいでる君とその横でさ もっとはしゃぐ僕なら 本当に飛べるような 気がしていた フワフワと夢心地 君の隣 君の見る景色を全部 僕のものにしてみたかったんだ あぁ 君を忘れられんなぁ 当たり前に通ってたあの道 信号機は無くなるみたいです 思い出して切なくなる気持ちも いつかは無くなるみたいです そういえば寒い雪降る日の 田和山の無人公園でさ 震える体 暗い中いつものように笑いあう 街灯の下で 僕の目に映りこんだ君が いつもよりちょっと寂しそうな 気がした 今になってさ 思い出してさ 後悔じゃ何も解決しないさ 忘れられないのは 受け入れられないのは 君を思い出にできる程僕は強くはないから 僕の見た景色を全部 君にも見せてやりたかったんだ あったかいココアを一口 いつかまた逢う日までと 笑う顔に嘘は見当たらない じゃあね またどっか遠くで いつか 基本情報. Saucy Dogについてのまとめ Saucy Dogの「いつか」の歌詞の内容を紐解いて見ましたが、ライブMCなどで語った事なども踏まえると、好きだった人や彼女に書いた歌詞だとしても、もっと深いバックグラウンドがあるのではないかと思いました。

Next

Saucy Dogの歌詞一覧リスト

また、あるインタビューでは、「『いつか』はもう2度と会えない人に向けて書いた曲」だとも語っています。 5)YAJICO GIRLとともにグランプリを獲得したSaucy Dog。 レコメンロックを運営しているtakaと申します! 10年以上ロックバンドを追いかけ、自身もバンド活動などをしておりました。 秋澤 和貴(Ba):その時の自分らが良いと思ったものがそのまま出てる感じです。 運が良かった。 08 目次 1. 秋澤:それに今の方が生々しいよね。

Next

SaucyDog(サウシードッグ)に注目!代表曲『いつか』の歌詞解説と裏話

大好きな主人公との別れだからこそ、きっと訪れてくれるであろう「いつか」に想いを馳せ、君は笑顔で旅立って行ったのです。 そんな3人が5月24日に初の全国流通盤である『カントリーロード』をリリースしたタイミングで、SPICEでは初となるインタビュー取材を敢行。 *払い戻しに関しては下記をご覧ください。 坂道を登った先の暗がり 星が綺麗に見えるってさ 地べたに寝転んじゃうあたり あぁ君らしいなって思ったり 時間を忘れて夢中になった 赤信号は点滅している 肌寒くなり始めた季節に 僕らは初めて手を繋いだ 2人の物語 2人でひとつの傘を差したり ブランコに乗り星を眺めたり 押しボタン式の信号機を いつも君が走って押すくだり 仰向けになって見た湖 宙に浮いてるみたいってさ はしゃいでる君とその横でさ もっとはしゃぐ僕なら 本当に飛べるような 気がしていた フワフワと夢心地 君の隣 君の見る景色を全部 僕のものにしてみたかったんだ あぁ 君を忘れられんなぁ 当たり前に通ってたあの道 信号機は無くなるみたいです 思い出して切なくなる気持ちも いつかは無くなるみたいです そういえば寒い雪降る日の 田和山の無人公園でさ 震える体 暗い中いつものように笑いあう 街灯の下で 僕の目に映りこんだ君が いつもよりちょっと寂しそうな 気がした 今になってさ 思い出してさ 後悔じゃ何も解決しないさ 忘れられないのは 受け入れられないのは 君を思い出にできる程僕は強くはないから 僕の見た景色を全部 君にも見せてやりたかったんだ あったかいココアを一口 いつかまた逢う日までと 笑う顔に嘘は見当たらない じゃあね またどっか遠くで いつか. 現在でも多くのライブやロックフェスに参加していますが、まだまだ売れるであろうバンドマン達を皆さんにもっとご紹介したいと思い、日々インディーズバンドを中心に発信しております。 『いつか』の裏話 あるライブのMCで「大切な人が亡くなったときにも音楽活動で通夜、葬儀に出られなかった。 *HPでのチケット取り置きは受け付けておりません。 キレイに見えるのは夕方から19時頃。

Next

SaucyDog(サウシードッグ)に注目!代表曲『いつか』の歌詞解説と裏話

曲解を生み出す必要もなく、 主人公の切実な願望が伝わってくる。 ギターでコードを弾きながらそれに合うように歌詞を読んでいっただけ、みたいな。 秋澤:でも(オーディションでは)「絶対この曲はやろう」って言ってたよね。 去年はずっとツアーをまわってて、あんまり持ち曲が多くなかったんですけど、その中で「この持ち時間で3曲選ぶんだったら何する?」ってなった時に3人とも同じ曲を選んでて。 僕は別れとか後悔を歌にする方が良い歌詞が書けるというか、もちろんそれ以外にも挑戦していきたいんですけど、今のところそういう歌詞の方が得意ですね。 オアシスぐらい売れたいです! 石原:それはヤバいなあ(笑)。

Next

Saucy Dog(サウシ―ドッグ)てバンドのいつかって曲の歌詞とかが秀逸な件

石原:……まあギターが下手なので(笑)、自分に自信が持てない時期もあったんですけど。 インタビュー等を読んでいても、メンバー同士の信頼を強く感じた• *払い戻しに関しては下記をご覧ください。 それくらい「いつか」は切ない。 石原:そうですね。 そのオブジェ、けっこう大きくて、がんばって大人ひとりよじ登れるぐらいなんです。 5 度以上の方については入場をお断りします。 オーディションの時は、今の先輩とジャンルが近いバンドも何組か出てたので「そっちが優勝するんちゃう?」みたいなことも言ってたんですけど。

Next

SaucyDog(サウシードッグ)に注目!代表曲『いつか』の歌詞解説と裏話

5』の決勝審査で、エントリー曲ではなかった「いつか」を最後に演奏して会場の空気を一気に持っていったことに関しても、これまでのMASHの先輩バンドにはいない正統派の歌モノっていうジャンルで勝負に出たことに関しても。 その中に「いつか」も入ってたんです。 会場スタッフ確認の元、もぎることが条件になります。 2枚でお申し込みの方は必ず入場前に同行者の方のスマートフォンへ分配をお願いします。 SaucyDog サウシードッグ とは SaucyDogはボーカル&ギターの石原慎也さん、ベースの秋澤和貴さん、ドラム&コーラスのせとゆいかさんのスリーピースバンドです。 消毒の徹底をお願いいたします。 だから映画っぽいのかもしれないですね。

Next

いつか

せと:演奏面よりライブの見せ方というか、お客さんとのライブ中の距離感みたいなのが変わったような気がします。 前のだった時は、歌とメロは僕が作ってたんですけど、コードとかはほとんどベースの人がつけてたんですよ。 石原:ああ〜! …………そうだよ? せと:違うみたいですね(笑)。 比喩とかも結構使ってるんですけど、そういうところが面白いなって思ってます。 それを見ていて「宙に浮いてるみたいだね」っていう話をしていたのを、歌詞に書いたんです。

Next