新幹線 e チケット サービス。 【2020年3月14日開始】新幹線eチケットサービスを詳しく解説

Suicaで乗れる!新幹線eチケットの要点

そのため、場合によっては普通のきっぷのほうが安くなることもあります。 インターネットで事前に登録したカードで決済する必要があります。 登録完了のメールが来れば、登録は完了です。 チケット取得の利便性については使うアプリが変わるだけなのでそんなに変わらないといった印象を持った。 「えきねっとトクだ値」でさらにおトク! おトクな「えきねっとトクだ値」を適用した新幹線eチケットも発売します。 時代になり、のおサイフケータイ、の Pay対応により、ここ数年では当たり前の機能として普及したのはご存じの通りです。

Next

Suicaで乗れる!新幹線eチケットの要点

思うところ ビジネス利用者は会社負担や経費での処理となるため文句を言う人があまり出ないことが予測される。 7 選択したICカードの内容が確定する。 指定席は、所定の運賃・料金の合計額から一律200円引きです。 この列に並ばなくて済むのはありがたいです。 何年越し・数か月ごしでの返信になった方、遅くなりすみません。 コンビニ払いや銀行振込などには対応していません。 モバイルSuicaアプリから予約する仕組みにすると、Suicaのチャージから引き落としもできるのではないかと思っていて、それだったらクレジットカードを持っていない人でも新幹線eチケットがつかえるんじゃないのかなって思うですが。

Next

「新幹線eチケットサービス」3月導入 手持ちICカードで東北・上越・北陸など利用OK

4 ご利用いただける交通系ICカード 全国相互利用対象の交通系ICカード10種が登録可能です。 新幹線eチケットは新たに独立して作られるサービスではなく、すでにある「えきねっと」に追加される新幹線サービスなんですよ。 広告 新幹線指定席に乗車可能 JR東日本、JR西日本、JR北海道の3社は、「新幹線eチケットサービス」を2020年3月14日に導入すると発表しました。 価格は、同区間の所定運賃・料金より200円安くなっています。 つまり、予約をしないと運賃がわからないのです。

Next

「新幹線eチケットサービス」まとめ。ICカードで新幹線が乗車可能に。JR東日本などで導入

2020年3月8日• そのため、クレジットカードが必ず必要になります。 。 これは列車・座席のご案内でして、これが領収書代わりになるのかと言われれば、ビミョーです。 券売機や窓口できっぷを受取ることなく、お持ちの交通系ICカードやモバイルSuicaで、東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線にチケットレスでご乗車いただけるサービスです。 また、eチケットサービスでは1度に6人分まで予約ができます。 当日でも割引可能 新幹線eチケットは、指定席を利用する場合は定価から200円引きになります。 「えきねっとトクだ値」と「お先にトクだ値」は、これまではえきねっと会員であれば誰でも利用できましたが、2020年3月14日以降、「新幹線eチケットサービス」を利用の場合のみ申し込み可能な商品となります。

Next

モバイルSuica特急券に代わり新幹線eチケットサービスが始まります

ICOCA(JR西日本)• 指定席だけでなく、自由席・グリーン車・グランクラスも申込できます。 この時点でインターネット予約のメリットが半減してしまいまして、 「だったら普通に駅で切符を買えばいいじゃん。 乗継割引がきかない 普通のきっぷであれば、新幹線と在来線の特急を乗り継ぐ時に乗継割引が適用されます。 新幹線eチケットサービスとは? JR東日本グループが運営している、インターネット予約サービス「えきねっと」から引用します。 新幹線eチケットの使い方 新幹線eチケットを利用するには、えきねっとかe5489(以下、えきねっとと略します)の会員になる必要があります。

Next

「新幹線eチケットサービス」3月導入 手持ちICカードで東北・上越・北陸など利用OK

早期の予約でおトク! 自由席・グリーン車・グランクラスも! 指定席だけでなく、自由席、グリーン車、グランクラスもお申込みいただけます。 早めのお申込みでおトクな「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」もご利用いただけます。 発覚するのは恐らくは、新幹線eチケットを購入して、自動改札機にタッチしたところなのではないか、とキューティー吉本は思う訳です。 そのため、ネット予約サービスの「えきねっと」会員になっていました。 今まで紙のチケットでの発売でしたが、「新幹線eチケット」が導入されることでSuicaなどのICカードできるようになり、 きっぷを出す手間が省けます。

Next

「新幹線eチケットサービス」利用する手順は? (2020年4月13日)

1つだけ問題なのが、東海道新幹線の様に利用券が出てこないので、座席の確認はスマホを見るしかありませんでした。 これも余談ながら、自由席をキャンセルした場合は、払戻手数料はかからない。 新幹線」という、交通系ICカードを使用したチケットレス乗車サービスがありますが、チャージ金額の範囲内で、首都圏の自由席しか利用できませんでした。 本ブログでは、東京発の情報として、乗り鉄をはじめとした乗り物全般のお話を展開しています。 新幹線というのがあります。

Next