ニュース ダイジェスト コロナ 感染 マップ。 GPSで近所の感染事例をチェック。NewsDigestアプリ「新型コロナウイルス感染状況マップ」が位置情報に対応:時事ドットコム

コロナの感染マップはニュースダイジェストNewsDigest!最新情報をアプリで!

予めご了承ください。 NewsDigest 新型コロナウイルス感染状況マップ: JX通信社について JX通信社は、報道分野に特化したテックベンチャーです。 ニュース速報や地震・災害速報のほか、鉄道情報など生活に必要な情報を最も速くお伝えする、ライフライン型ニュースアプリです。 ニュースアプリ『NewsDigest(ニュースダイジェスト)』とは? 速報通知が最も早いニュースアプリ このアプリの特徴として「プッシュ通知のタイミングが一番早い」ことが挙げられます。 円が大きく色が赤い程感染者数が多くなっています。 Yahoo! 新型コロナウイルス感染症の感染者数データについては、国内でも発表主体により集計の方法や発表のタイミングが異なっていたり、途中で発表方法が変更されるなどしています。 累計500万人以上のユーザーにご利用いただいています。

Next

『NewsDigest(ニュースダイジェスト)』とは?使い方やコロナ感染マップのアクセス方法・通知設定を徹底解説!

問5 一方で、長崎港のクルーズ船コスタ・アトランチカ号の感染者を国内累計に含めるのはなぜですか? 厚労省の集計基準に合わせています。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、コロナ危機で存在感を増す、ニュースアプリの中で、爆速の通知を速報として送ってくれるニュースアプリ『NewsDigest(ニュースダイジェスト)』の詳細・使い方・設定変更方法をご紹介させていただきました。 「めざましどようび」感染状況マップ!アプリ「NewsDigest」! 『NewsDigest』の地域設定 「NewsDigest(ニュースダイジェスト)」における地域設定はアプリ起動当初に行うことになります。 それらの画面内表記や使い方をそれぞれ解説します。 「新型肺炎」特設タブでは、新型コロナウイルス感染症関連の様々なニュース速報をまとめてチェックできるほか、「地域」タブではお住まいの都道府県の最新の感染者確認情報なども確認できます。 また、 近隣の企業や施設に対する根拠のない噂やデマ・フェイクニュースの拡散、風評被害の原因にもなっています。

Next

新型コロナ感染 日本国内・世界各国マップ

本マップは、当社が提供する速報ニュースアプリ「NewsDigest」内の特設ページに掲載しており、無料でご利用いただけます。 しかし、現状こうした施設の情報は全国の自治体や企業が個別判断のもとに公表しており、 統一的な整理や発信が行われていません。 これらの情報はNewsDigestアプリ内に加えて、企業向け緊急情報サービスFASTALERT(PC対応)でも確認できます。 自治体や企業による発表情報をもとにした正確な情報提供で、デマ・風評被害を防止• Android 版: 開発の経緯 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)については、病院や大学、コールセンター、ライブハウスなど様々な施設での 「クラスター感染」の発生が問題となっています。 現在地の登録も 左下の 現在地というマークをタップすると自分の今いる場所が登録出来ます。 メディアプラットフォーム(世論調査・選挙情勢調査) 3. 【JX通信社 会社概要】 会社名:株式会社JX通信社 住 所:東京都 千代田区 一ツ橋 2-6-3 一ツ橋ビル8階 代表者:米重 克洋 代表取締役 資本金:1億円 事業内容:インターネットによる各種情報提供サービス 1. こういったマップが出たことは、本当にすごく素敵なことだと思います。

Next

新型コロナの感染報告マップ、NewsDigestアプリで公開

米国Esri社 COVID-19 GIS Hub(新型コロナウイルスの情報集約サイト) 世界全体や各国・地域での新型コロナウイルスへの感染状況に関する情報が各機関から公開されています。 加えて、感染者数自体の増加もあり、 常にリアルタイムな状態で正確な数値を捕捉することは困難になりつつあります。 なお、感染事例報告施設の情報は 自治体や企業から発表されている重要な情報であるため、公益の観点から集約・整理していますが、無用な風評被害等を防ぐため、 消毒済みなどの対応が明らかになっている場所についてはその旨も明記されています。 累計500万人以上のユーザーにご利用いただいています。 テレビでの入手も可能ですが、24時間いつでも入手できる「インターネット」からの入手が推奨されています。

Next

感染事例のある場所を地図でチェック。NewsDigestアプリ内で新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始

ページを開くと、 累計感染者数や感染者が出たマップなどを詳細に確認することができます。 また、ウイルスとの戦いの長期化に伴い、地域によっては感染場所をめぐる根拠のない噂やデマの拡散、風評被害につながる事例が増えつつあります。 情報の日付をもとに、その前後にユーザー自身がその場所に行っていないかチェック可能• 速報がとにかく早いから、入れておけば安心。 また、情報はあくまで自治体や企業から公に発表されたものを用いることで、個人情報を送信せずに接触リスクを把握できる仕組みとなっております。 このページではコロナ関連のニュースの他にその他エンタメなどの速報も含まれて表示されます。 もし、主要ニュースの欄に新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップがない場合は、上の方にある、「新型肺炎」のタブに切り替えると、一番上にあります。 コロナマップは、 「新型肺炎」タブもしくは起動時の 「総合」トップ最上部の特設バナーが設置されています。

Next

新型コロナウイルスの情報をどこよりも早く入手できるニュースアプリはどれ?コロナマップで話題の「NewsDigest」などを徹底解説

どちらかの 選択ボタンをタップします。 もしこの「NewsDigest」のアプリを「コロナ感染に関する情報収集」のためにインストールした場合は、スポーツ・芸能・エンタメ関連のニュースはオフにしておくことで、余計な情報をシャットアウトすることができます。 それはなぜですか。 加えて、Twitterのニュース欄では積極的にコロナウイルス関連の記事を取り扱っています。 速報がとにかく早いから、入れておけば安心。 『NewsDigest(ニュースダイジェスト)』の細かい通知設定 このアプリの最大の特徴である「速報通知」ですが、その設定を細かく変更することが可能です。 気になる地点の 円をタップします。

Next

新型コロナウイルスの情報をどこよりも早く入手できるニュースアプリはどれ?コロナマップで話題の「NewsDigest」などを徹底解説

ダウンロードURL• 鈴村:このマップには、どういう情報が掲載されているのですか? 米重:新型コロナウイルスの感染事例が発表された情報をもとに、確認が取れた発生場所を掲載しています。 今後もテクノロジーで、未確認の感染事例や未知の「クラスター」の早期発見、感染拡大のペース抑制に貢献してまいります。 他のマップやグラフも知りたいデータの線や場所をタップする事で詳しい情報のウインドウが表示されます。 鈴村:こちらの反応はいかがですか? 米重:新型コロナウイルスの感染事例が報告された場所の情報を、地図上でピンポイントで確認できる「感染事例が報告された場所の情報」マップの提供を、4月2日(木)に開始しました。 消毒されている場合は、その旨も明記• 注意点 「感染事例が報告された場所の情報」に記載されてる情報は、政府、自治体、企業から確認が出来ないケースに関しては記載されてないそうです。 著作権は提供各社に帰属します。

Next