スタミュ 小説。 スタミュ

スタミュ

2年の綾薙祭のクラス公演の班分けはA班だったが、四季世代の華桜会によって彼らがプロデュースする新企画「オープニングセレモニー」への出演を依頼された。 双葉 大我(ふたば たいが) 声 - 身長:168cm、血液型:O型、誕生日:、イメージカラー: 遥斗と同世代の元華桜会メンバー。 その一方で辰己のことは常に心配しており、彼がクラス公演に出演できないことに対する不満を募らせていた際にも本人が口に出さずとも真っ先にその変化に気付いている。 一方で教え子に対して無関心というわけではなく、綾薙祭当日には彼らの晴れ舞台を観に学園を訪れる姿が描かれた。 四季の提案のもとオープニングセレモニーの出演枠拡大を視野に入れ、話し合いを続ける華桜会。

Next

スタミュの浦島坂田船は下手だから嫌いなアンチが多い?仲悪い・解散の噂も! | マジマジ情報局

ひょんなことから憧れの高校生の正体が鳳であったことに気付いた星谷は夢だった憧れの人との共演を叶えるべく持ち前の前向きさで柊のサポートについて回る。 最高にかっこいい役者だよ、歌舞いてるよ!! 辰己の冷静さと熱さ 奈落落ちで怪我をした星谷を、皆がなんとかして舞台に上げようとする中(卯川の「僕、戌峰くんに通訳してくる!」が後からジワジワ来る名セリフ)、カンパニーをまとめる魚住先輩は別として、役者陣の中でただひとり降板を勧める辰己の表情の変化がとてもいい。 弟想いの良き兄であるが、海斗を含むteam鳳が華桜会の策略によってスター枠から降格された際には柊に圧力をかけており、弟に甘い重度のっぷりを発揮しており 、本人も自覚済み。 蟻坂 和臣 所属:綾薙学園高等部ミュージカル科2年MS組 第1期で名前のみ登場している。 それ故に、本来であれば「スター・オブ・スター」に選ばれてもおかしくなかったはずの海斗が落ちこぼれのteam鳳に入ったことに納得ができず、当初は海斗が独りで上を目指すのは難しいのではないかとteam鳳を蔑むような発言も見られたが、新人お披露目公演を機にteam鳳に対する認識を改めている。 その際、燕尾服を着て現れた四季が華桜会の首席であることに気がついた。 未熟な星谷をカバーするべく、難易度の高い役柄を月皇と天花寺で固めることで育成枠を狙うteam鳳。

Next

スタミュの浦島坂田船は下手だから嫌いなアンチが多い?仲悪い・解散の噂も! | マジマジ情報局

チームメイトから星谷が何も言わないのはチームを信頼している証拠だと気づかされたことで不安からは解消されたが、星谷が自力で脱出して戻ってきた時には怒りながらも涙を浮かべており、彼を一番に心配する姿勢だけは変わることはなかった。 doc 」となっていますが、文章を流し込んで保存する際にお手持ちのWordのバージョンに対応した種類へ引き上げることができます。 「DREAMER」から「SHOW MUST GO ON」へ 1期では「DREAMER」だったOPタイトルが「SHOW MUST GO ON」に。 が、これまで幾つもの困難を覆してきた経験を糧に自分たちに出来ることで現状を打破しようと決議そのものを否定するべく白票を投票。 言葉遣いは荒いが、兄貴肌な一面がある。 四季が華桜会から除籍された際には自分たちと同じ境遇に立たされたteam四季のことを心配し、星谷らチームメイトと共に四季の説得を試みる。 なぜかというと、辰己は1期でも鳳先輩と星谷たちを繋げた立役者でもあるし、星谷がどれだけ鳳先輩と共演したがっていたかは当然知っている。

Next

夢小説|スタミュ総合ランキング

また、「我ら、綾薙学園華桜会 〜NEXT STAGE Ver. 稽古合宿のオリエンテーリングでは空閑、虎石、南條、十文字と同じ2班となり、我先に第一ポイントを目指す空閑に虎石と共に張り合っており、稽古の休憩時間でも休憩返上で練習に没頭する空閑に負けじと食らいつく。 延期となれば来場客に自分たちのステージを観てもらう事は叶わない。 稽古合宿のオリエンテーリングでは一色、甲本、中小路、百合野と同じ班になる。 ダンスシーンは振付師のが振り付けしたものをダンサーに踊ってもらい、作画資料用として撮影したムービーを基にしている。 柊の代わりにランバートを演じることになった星谷がスランプに陥った際にはあえて助言を与えず、天花寺に責められるが、自身が星谷にとって影響力の強い存在であることを自覚しているが故に無闇に行動を起こせずにいた。 一方で謎茶を調合し、那雪に飲ませることを趣味としており、兄をいじることも楽しんでいる。 2年の誕生日も把握しており、星谷の水難、虎石の女難、北原の動物による災難、蜂矢のドジを当てるなど占いの的中率は高い。

Next

スタミュ

食事よりも睡眠を優先することが多いため、食事はエナジーバーなど手軽に食べられるものを好むが、甘いものは定期的に取るようにしており 、春日野や入夏とよく行きつけの甘味処に足を運んでいる。 が、遥斗が休演期間を利用し、一時的に日本に帰国した際に行われた稽古合宿にて念願叶ってようやく対面を果たすも「演技に魅力がない」と完璧に作り上げてきた自身の世界を否定されたことで閉じ篭ってしまう。 稽古合宿のオリエンテーリングでは星谷、那雪、揚羽、蜂矢と同じ1班になるが、蜂矢のドジに巻き込まれ、遭難危機に陥る。 前述されているように卒業記念公演を機にアルバイトはすべて辞めているが、ピアニストの不在でカフェのバイトに一時的に復帰した際にはカフェの常連となっていた 入夏と対面。 OVAでも当時のことを根に持っていることが遥斗の口から語られている。 大人しいが自分の考えをしっかりと持っており、頭が良いことから南條に好印象を持たれている。 部活動に参加する時間も取れなかったため、中学時代は帰宅部だった。

Next

スタミュの浦島坂田船は下手だから嫌いなアンチが多い?仲悪い・解散の噂も! | マジマジ情報局

綾薙祭後に次期華桜会候補の一人に選ばれる。 キャストオーディションでは「我ら、綾薙学園華桜会」が課題曲として使用された。 そこで二つの楽曲を入れるためにクライマックスで描かれる華桜会の卒業イベント「卒業セレモニー」を思いつき、OVAのストーリーはそこから逆算して構成された。 寺が年相応でいられる場所、ずっと欲しかった同い年の大切な仲間がteam鳳だったんだなあ。 スター枠選出で本来不合格である人材をチームに入れたこと、新人お披露目公演で前代未聞の「アヤナギ・ショウタイム」のアレンジ、ステージ配信による一般生徒を味方につけての通過に納得できず、鳳を華桜会から失脚させるために柊に直談判する。

Next

スタミュ総合ランキング

次期華桜会メンバーの選出をもって華桜会の役目は終了となる。 第1期では名前のみ登場している。 浦島坂田船は実況動画や生放送などで楽しく会話をしている姿が見られます。 空閑が以前アルバイトしていたカフェの常連。 14人全員でのステージに立てないことを残念がりながらも、ライバルとして競い合いたいという辰己の気持ちに応えるべく、冬沢につくことを選んだteam柊がカンパニーから離脱することも前向きに受け入れる。 また、何かと張り合うことが増えた。

Next

スタミュ

中小路 春馬 所属:綾薙学園高等部ミュージカル科2年MS組 第1期で名前のみ登場している。 第3期では、前・華桜会、アンシエントに続く物語の行方を左右する上級生枠としてOVA第14幕にて柊世代の華桜会によって選出された華桜会メンバーが新たに登場した。 が、本気になれない北原に対し、空閑が本気で役を勝ち取りにきていることを示したことで、今のままでは空閑に勝てないことを察し、本腰を入れるようになる。 グループを結成してからも、ボイストレーニングをしているようで、当時よりも歌の技術は向上しています。 実力は虎石に「俺と同じチームだと思った」と言わせるほどであり、遅刻さえなければteam柊に入っていてもおかしくないレベル。

Next