トウモロコシ の 栽培 方法。 トウモロコシを家庭菜園で栽培するコツと結果|水やりや害虫対策

トウモロコシの育て方 栽培方法

野鳥からの被害を防ぐ為に防鳥ネットなどのベタがけを行っておくようにしましょう。 不安であれば毎朝何日か連続で受粉作業をすれば間違いはないかと思います。 温暖地・・・6月下旬~8月上旬 と収穫が可能です。 トウモロコシの特徴!別々の雄花と雌花。 特に大型の台風や突風が来ると背の高いトウモロコシは風の煽りをまともに受けて根元から倒れてしまう事がよくあります。

Next

トウモロコシの育て方

摘花・・・一番上の雌花以外は手でかき取る。 日当たりさえ良ければベランダのプランターや大型の植木鉢でもぐんぐん育ちますし、種からでも簡単に育てられる初心者向けの野菜です。 成虫がトウモロコシに卵を産みつけ、その卵からかえった幼虫がトウモロコシの実を食べてしまうためです。 そのため、畑ではなく庭やベランダなど家庭菜園で育てる場合は、人工授粉が必須です。 9日目• トウモロコシの人工授粉のやり方ですが、まず雄花(左上画像)を写真の黄色線の位置で切り取ります。 開花期:6月中旬から7月中旬• さらに根は 病害虫に強く、土壌も選びません。

Next

とうもろこしの育て方 / 木村の朝採りとうもろこし

デントコーン コーンスターチの原材料として主に加工されています。 トウモロコシは自家受粉できない作物だからです。 ただ最近の甘味を優先した品種はより肥料を必要とするので、 元肥も多め、追肥もしっかりやるイメージで育てると甘くてパンパンのスイートコーンが出来上がるでしょう。 22日目• 4月頃にまく場合は、黒マルチを用意します。 興味のある方は抑制栽培やってみて下さいね。 注意したいのは、直播きの場合、発芽しはじめの段階で鳥につつかれやすい点であり、不織布を掛けて鳥から防御しましょう。 さらに、トウモロコシは多肥性であり土壌の過剰な養分を吸う習性があるため、畑の土壌を改善するための野菜としても重宝します。

Next

トウモロコシ雄花(雄穂)雌花(雌穂)☆人工授粉のタイミング

種まきと育苗【時期・方法】 とうもろこしは根が一旦切れた箇所は再生しないため、 根を傷める心配のない直まきが理想。 地植えに植え替えてから約40日ほど。 追肥は収穫までに3回行います。 ワキシーコーン 白や黒、紫色など多色の粒があり、蒸すともちもちした食感があります。 トウモロコシを栽培したことがある方は必ず知っているという害虫『アワノメイガ』。 草丈樹高:~2mくらい• これはすごい勉強になりました。

Next

トウモロコシ(とうもろこし)の育て方・栽培方法【春植え・秋植え】

・植え付け当日は晴天で無風の午前に ・深植えは避け1cm程度出るように ・マルチと畝の隙間は熱風を防ぐため土で埋める トンネル栽培は早まきで 早まきする場合は不繊布&ビニールでトンネル保温栽培をしましょう。 秋トウモロコシを育てるコツは、栽培期間の短い品種を選ぶことです。 特に開花前後と成熟前後に水やりが不足すると実成りに影響が出ますので、用土の乾燥しすぎには注意が必要です。 トウモロコシは丈夫な育てやすい野菜です。 ちなみに、下の方についた雌穂は、小さいうちに取ると芯が柔らかいのでヤングコーンとして食べられます。 同じようにマルチを少しめくり、畝の両側に化成肥料をまいていきます。 まとめ いかがだったでしょうか。

Next

トウモロコシ(とうもろこし)の育て方・栽培方法【春植え・秋植え】

17日目• 草丈が15cmほどになったら間引きを行って1本にします。 育苗を施して植付けた後に、直播きをずらすことによって、長期間にわたって収穫することも可能です。 しかし最初の一本を取った時、ペラっとかわをめくったら・・・いきなりアワノメイガ登場です。 続いて、トウモロコシの栽培時期も見ていきます。 また、直播きの場合は 発芽はじめに鳥につつかれやすいので、不織布をベタ掛けして防ぎましょう。 幸いほとんどの種から発芽してくれました。 収穫期を逃して遅れてしますと実が固くなります。

Next

トウモロコシの栽培方法・育て方【甘く育てる失敗0収穫は時期と元肥が肝!】

また、食物繊維が多く、胚芽にはビタミンB1、B2、Eが豊富に含まれており、栄養的にも優れた野菜といえます。 苗の植え付け:5月• 受粉が終わったか分からない場合は、切り取った雄穂を使って、 他の株の雌穂に受粉させておけば大丈夫。 科名属名:イネ科トウモロコシ屬• せっかく育ててもカラスにやられてしまったら、実が1個しかないので大変ですね。 トウモロコシの育て方のコツを抑えよう!. トウモロコシに発生しやすい害虫は、アワノメイガの幼虫です。 間引かずにそのまま育てます。

Next

トウモロコシ栽培の肥料について(野菜づくりの施肥量と元肥・追肥の与え方)

アブラムシがついている 28本収穫 甘くておいしいトウモロコシが収穫できました。 19日目• 2回目は種まきから1ヶ月たった時期に行います。 水やり・・・根付くまでしっかり水をまく。 8月頃に播種する抑制栽培とは? 抑制栽培とは、晩期出荷を目的として、開花または収穫期を遅らせる栽培技術です。 ポットまきと畑の直播きのどちらも1穴に3粒ずつまく理由は、まとめて種まきすることでトウモロコシは発芽率がよくなるからです。 支柱は1回目の追肥を行った頃に行いましょう。 イネは一つの花におしべとめしべがセットでつきますが、トウモロコシは一つの花におしべかめしべのどちらかしかつきません。

Next