蒼き 鋼 の アルペジオ スロット a タイプ。 パチスロ蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐ Mental Model ver. 設定判別・天井

蒼き鋼のアルペジオ

・終了後は無限RT「アルスノヴァモード」に突入。 6 104. レキシントン アメリカ海軍一番艦・を模す。 [SANYO(三洋物産)]• アニメ版 温厚で好人物な原作版から大きく改変されており、冷徹・非情・冷酷な野心家という正反対の人物像となっている。 船体はユニット構成になっており、中央の指令ユニット(脱出艇を兼ねる)以外のユニットを換装することにより100m級から1000m級まで複数の仕様が存在している。 金トロフィーは設定4以上が確定、キリン柄なら設定5以上、そしてレインボーは設定6確定だ。

Next

パチスロ蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐

霧の艦隊を離れても戦術ネットワークに繋がったままであるのは霧側の者達も本人からすらも疑問に感じられていた事柄だったが、二時間のシステムチェックとして眠りについている間に行われた「自己診断プログラムみたいな物」を名乗る存在との精神世界での会話(自己診断プログラム曰く「これは夢のようなもの」)によって、実はイオナそのものが戦術ネットワークであり、自分自身を切り離せるわけがないという事実が明かされる。 ハン マキシマと一緒に行動するオカッパの少女。 なお、オプション艦はヒュウガが自身の使った旗艦装備を元に作ったもので、従来の霧の艦とは異なり重要部だけナノマテリアルが使用されたハイブリッド艦となっている(401自体も補給が難しいナノマテリアル消費を抑えるために、人類側の資材で代替可能な部位はそれに置き換えている)。 1 106. 敵の攻撃をいかに6択で回避するかも重要。 「保留機関」の当選率は、その時点での内部状態と設 定に応じて変動。 RT中にパンク役を成立させてしまうと RTが途中で終了する「パンク状態」となります。 4 110. 上段白7停止時は、中&右リールは適当打ちで消化する。

Next

設定判別/立ち回りポイント:パチスロ蒼き鋼のアルペジオ

その容姿は「ヤマト」のメンタルモデルに酷似しており、興味本位でデータベースの顔写真を覘き見たタカオとヒュウガを驚愕させた。 「霧乃イオナ」と名乗り海洋技術総合学院へ生徒として潜入していた時期があり、この時のデータを元にタカオやイ402が人類と接触するための行動パターンを構築している。 艦体の艦番号I-401の下に書いてあるのは、「"Dreifach ist der Schritt der Zeit: Zoegernd kommt die Zukunft hergezogen Pfeilschnell ist das Jetzt entflogen Ewig still steht die Vergangenheit... 残骸は何者かに回収された模様。 基本仕様は、1セットのゲーム数不定・1ゲーム約1. 群像のことを高く買っており、イ401に振動弾頭の移送を依頼してくる。 クッションを愛用し、慎重派で常に正座をしているほど落ち着いている。

Next

パチスロ蒼き鋼のアルペジオ

または回避成功でカウンター攻撃とか……。 なお、本人は大分嫌がっている様子。 炸裂すると周囲の空間を重力波によって侵蝕、物質の構成因子の活動を停止させ崩壊させる。 メンタルモデルはロングの黒髪に狼の頭部を模した形状の紅い髪飾り を付け、生徒会腕章付きの制服風衣装を着た少女の姿。 コンゴウ 声 - 頭部に白い髪をあしらった紫のクマ。 もし複数回確認することができれば、高設定期待度はグッと上がりますね。

Next

パチスロ蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐

ハルナが学院に転入後、ナノマテリアルで新しい船体を作りマヤと顔見せ程度にやりあう。 メンタルモデルは2人が同時に存在し、いずれも顎にほくろがあり和風の衣装を着た女性の姿を取る。 設定判別のポイント 【通常】 機械割……97. 単に『 アルペジオ』と略されることもある。 全世界への電波ジャックで姿を現し、霧の艦隊として全人類への降伏勧告を告げる。 なお、ヒュウガの調査によれば、人類の前に姿を現すのは大海戦の時が初めてではなく、第2次世界大戦末期の1945年5月1日に初めて人類と接触したらしい。

Next

蒼き鋼のアルペジオ(GRT) 設定判別ツール・終了画面・設定差まとめ

8 103. ユニオンコアは無傷であったがこの敗北を以ってイオナに対して完全に心酔してしまい、群像らの協力者となった。 ハグロに至ってはであるのを「それはクマの風紀に反しはしないのか」とハルナに指摘され、「 モフモフどうぶつ生徒会」に改名する。 種類によって設定示唆を行っている。 二名それぞれは後述。 横須賀でタカオやズイカクらと共同生活を送っており、海洋技術総合学院へやってくるハルナ達を待ち構えている。 ダイオミード諸島の海戦ではヒュウガが勝手に組み込んだ・システムでアシガラと文字通りの格闘戦を繰り広げるが、カッコ悪い、軍艦らしくないという理由で文句を言いつつ戦っていた。

Next