いちじく の コンポート。 いちじくで作る3大保存食。コンポート&ジャム&ドライフルーツの作り方

いちじくで作る3大保存食。コンポート&ジャム&ドライフルーツの作り方

冷凍なので、いつでも気軽に使えます。 グラニュー糖 160g• フリーザーバッグなどで、 シロップも一緒に冷凍してください。 是非そちらもご覧ください。 密閉容器に煮汁ごと入れます。 加熱するので保存にも向いていますし、シロップに漬けるので あまり糖度の高くないフルーツでも美味しく食べられます。

Next

『きょうの料理』いちじくのコンポートの作り方☆坂田阿希子さんのレシピ!(6月26日)|レシピの木

火を止めていちじくを加え、ガーゼなどで落としぶたをする。 どうやら実家のあった地域は、いちじくの産地だったようで。 未熟なものだと20分ぐらい。 紙ぶたは、パラフィン紙やクッキングペーパーを鍋の大きさに合わせて切り、2~ 3か所穴をあけて作ります。 8分目くらいにしましょう。 弱火で20~30分煮ます。 レモンを入れることで酸味を補い、色鮮やかなジャムに仕上がります。

Next

いちじくのコンポート(シロップ煮)

瓶に詰めた後は、瓶を逆さにして冷まします。 ケチったことを、ちょっと後悔… 干しいちじくは、オーブンで作る方法もありますが、加熱すると酵素が壊れると聞いたので、せっかく手作りするのならば…と、天日干しをしています。 粗熱がとれたら、保存瓶に移します。 たくさんいただいたりして 食べきれない場合や、食べてみたら全然 甘くない果実にあたってしまった場合は、傷みが進む前に保存食に加工してしまうほうが、おいしく食べきることができます。 ホウロウまたはステンレスの鍋に水にカップ1と白ワイン、シナモンスティック、グラニュー糖を入れて強火にかける。 【保存期間と場所】 冷蔵庫で2~3週間 冷凍で約1か月 【手作りが好きな方におすすめの本】 作って楽しく、食べて幸せな気持ちになる、おいしい手作り食品のレシピが満載です。 いちじくは洗って、へたを切り、粗く刻みます。

Next

無花果(いちじく)のコンポート

保存期間は、 冷蔵庫保存で1か月ほど。 冒頭でも触れましたが、無花果は保存が難しいので このようにコンポートやマーマレードにすれば傷むことに怯えずに食べれますね。 紙ぶたをします。 さてさて早速本題へと移りますが、 本日作るのは無花果のコンポートです。 コンポートは簡単に言うとシロップ煮みたいな感じですね。 ドライいちじくにして保存する 干す時間はかかりますが、 いちばん簡単かつ食べやすい保存方法は、ドライフルーツ。 開封後は冷蔵保存し、早めにお召し上がりください。

Next

福島県特産品コンクール優秀賞受賞「手作りいちじくコンポート」

ジャムにしておくと、料理にお菓子に アレンジが効くので、消費しやすいです。 カチカチになったいちじくは、噛みごたえがあって糖度が高く、一粒でも食べごたえのあるドライフルーツになります。 鍋にいちじくをいれて、レモン汁を加え、砂糖をまぶします。 赤ワインを入れなくても、 皮ごと煮れば、きれいなピンク色のシロップになりますよ~ さっぱりした味がお好みでしたら、レモンの輪切りを一緒に煮込みましょう。 メモ 紙ぶたをすると、汁が全体にいきわたります。

Next

『きょうの料理』いちじくのコンポートの作り方☆坂田阿希子さんのレシピ!(6月26日)|レシピの木

煮立ったら弱火にし、 落とし蓋をして、15分煮ます。 鍋に水と粉寒天をいれ、火にかけます。 弱火にかけて10~15分間煮る。 印刷する• 型に流し、粗熱がとれたら、冷蔵庫で冷やします。 汗 今回ご紹介したレシピは、皮はむいていません。 保存期間は、 冷蔵庫保存で1週間ほど。

Next