ご教授いただけませんでしょうか。 ご教示くださいって英語でなんて言うの?

「ご教授いただく」の意味と使い方・「ご教示いただく」の違い・類語

ご教授いただけますでしょうか。 ご教示願いますやご教示くださいは、メールなどでの書き言葉として使われることが多く、話し言葉ではお教えください。 そもそも二重敬語とは?よくある間違い敬語 で先ほど、 よくある二重敬語のたとえとして「お伺いする」「お伺いいたす」があるとしました。 敬語やビジネスマナーで一番気をつけなければならないのは、「誰かがやっていたからといって意味を知らずに真似をする」ことです。 それを丁寧に畏まった形で言うと「ご教示ください」となります。

Next

ご教授いただけますでしょうか。

「この後のスケジュールをご教示下さい。 「ご教示」も「ご教授」も「教えて欲しい」という用件だけでなく、こちらの構えや気持ちまで相手へ伝えることができるのです。 「ご教示」は「tell」、「ご教示」は「teach」です。 さらに 謙譲語「お~する」「お~いたす」 もとになる語「行く・聞く・たずねる」に謙譲語を2回つかっていますね。 」 ことの現状を確認したいときにも使えます。 「ご教授いただけますでしょうか」は、 「〜をしてもらう」という謙譲語である「お〜いただく」というを使用した敬語表現です。

Next

「いただけませんでしょうか」の使い方と例文・敬語の種類

上司への使い方 会社で何か分からない時、誰に教えてもらうのか、それは会社の先輩でもある上司の存在です。 「教えてください」の英語表現 何かを教えてもらいたいとき、英語ではどのように表現すればよいのでしょうか。 可能形にして「ご教授いただける」• 「教えてもらうことはできますか?」という言い方は、「お教え願います」という表現よりもフランクな表現で、ビジネスシーンの中ではいつも接する身近な先輩や気心の知れた上司に使う際に適した表現です。 【例文】ご教授いただきたく存じます• 「在庫の有無をご教示下さい。 お教えくださいますか。

Next

「ご教示ください」の例文・意味と使い方・読み方・返信方法・類語

大きく分けて2種類です。 話し言葉として使用する場合は、言い換えが必要となります。 例文:(囲碁や将棋で自分より格上の人と対戦するとき)一局、 ご指南ください。 「教示」は「 知識や方法などを教え示すこと」を意味します。 これを「お教えくださいますか」「お教えくださいませんか」と疑問形の形にすると、相手に判断の猶予を与えることになるので、一方的に頼むよりも丁寧だとされています。 何かを専門に研究されていたり、何らかの技術を磨いていたりする人へのみの使用です。

Next

「教えてください」の敬語・「ご教授」と「ご教示」の使い方

この場合「ご教示いただけますと」は、「ご教示してもらえると」という意味になります」 「幸いです」は、「 嬉しいです・幸せです」という意味の言葉です。 【例文】ご教授をお願い致します• 「お教えくださいませんか」と同じように、「お教え願えませんか」と相手に判断をゆだねる形で使うこともできます。 「教えてください」という意味で使いたいときは、「ご教示ください」と表現します。 そのため、話し言葉で使うときには、 「ご教示ください」を命令口調だと感じさせないよう注意が必要です。 実際に「ご教授願います」を使った例文をいくつか紹介します。

Next

「ご教授いただけますでしょうか?」意味と使い方・メール例文

これまで見てきたように、それぞれの単語に敬語をつかっているため二重敬語にはならないのです。 養護、訓練とならぶ教育上の基本的な活動、作用です。 この場合の「いただく」は、「〜をすることができる」という意味の 「できる」という意味の謙譲語になります。 この「ご教授いただけますでしょうか」という表現を使った例文はこのようになります。 たとえば「お伺いいたします」「お伺いする」などが二重敬語の例。 」 実際に教えてもらったことで目的が果たせた場面で使います。

Next

「教えていただけないでしょうか」の敬語表現・使い方と例文

「ご教示」という言葉を使用するのも堅苦しいと言えるほど丁寧な言葉であるため、「知見をご教示賜れれば、幸甚の至りに存じます」という言い回しは、 日頃のビジネスシーンには不適切だといえます。 「教示」「教授」はどちらも書き言葉 「教示」「教授」はいずれも口語ではなく、書き言葉として使われるものです。 語源となった「指南車」は、古代中国で作られたからくり仕掛けの車で、上に載った仙人の人形が常に一定の方角を指し示していたことから、正しい目的地に導くことを意味します。 「ご教示」の意味 ご教示の読み方は 「ごきょうじ」です。 (二重敬語とは ひとつの語におなじ種類の敬語を二回つかうこと) よくよく考えてみると… 「ご教授いただけますでしょうか」が二重敬語になるのでしたら、ビジネスメールの結びで必ずといっていいほど使う「お願い致します」や「お願い申し上げます」も二重敬語になるはずですよね。 「教授」は、一時では知り切れない長期的なものを指します。 この「ご教授いただけますでしょうか」という表現を使うのは主に自分自身が学問といった専門分野を教えてもらいたい場合や、学問といった専門分野に従事している人に対して使う表現です。

Next

windows10 updateエラーが改善されません。どうしたらいいかご教授いただけませんでしょうか。

この「ご教授ください」の意味は「学問といったものを人から教わること」に対して使われます。 ここでは、「ご教示」の意味と使い方を紹介します。 ビジネスメールや電話で使える表現一覧 「ご教示」や「ご教授」以外にも、「教えてください」の代わりに使える表現はたくさんあります。 「ご教授」の言い回しと例文 教わりたいときは「ご教授願います」 何かを教わりたいときは、「ご教授願います」という言い回しを使用します。 株式会社就活・開発担当の就活と申します。 informの意味は「情報を与える」ですから、「(物)の情報を(人)に与える」という意味になります。

Next