ハイキュー bl 小説 松花。 ハイキュー!! 1巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

ハイキュー 青葉城西

ある時は付き合いたての初々しいカップル。 379• 238• 中学時代報われなかった2人が高校で再開し、同じくバレーを愛するたくさんの仲間にも恵まれて、2人はもっともっと、バレーを楽しめるようになります。 179• ___ 「俺、松川と」 ___なにも言わないで___ 「両想いだったんじゃないかって」 「なん、で」 「松川、俺の手触った時 すごく苦しそうな顔をしたから」 __隠せて、なかった___ 「俺も、嬉しくて恥ずかしかったけど 松川の顔見たらすっごく苦しくなった。 キスなんか出来るわけがない。 「だれ?」 見舞いに来た及川と岩泉を見て、彼は不思議そうな顔をした。

Next

#ハイキュー!! #松花 花巻「くすぐったいとこって、性感帯なんだって」 松川「!?」

両部活共強制です。 「ただいま」を言う夫に足を向けたまま、漫画から目を放さずに「おかえりー」と呟く妻ってどうなんでしょうかね。 385• 「だははははははははっ!!!!」 「ここはっ、大抵みんなっ、くすぐったいだろうがっ!」 「ギブッ、ギブッ!ごめんごめんごめん!!」 枕をバンバンと叩いて降参の意を表すると、満足げに鼻を鳴らして解放してくれた。 サイドは表記しません。 」 2人に手を振り返して、布団に潜り込んだ花に 「ごめんな、俺の手 勝手に。 僕今機嫌悪いんですよっていうのを全面アピールしてくるような態度。

Next

『君への思い【黒尾✕月島】』

いつもみたいに元気いっぱいに笑って、叫んで、はしゃいでいればいいんだよ。 「今日何食ってく?」 「ラーメンでよくね」 「花巻ん家泊まるときほぼラーメンだよね」 「だって出てくるのも食うのもはえーし。 その瞬間、花が目を見開いて 顔を真っ赤に染めた。 330• 「なー岩泉。 舌先を覗かせるようにして開けた唇が、俺の口ごと食べるように、童貞らしくない噛みつくようなキスをした。

Next

#ハイキュー!! #松花 花巻「くすぐったいとこって、性感帯なんだって」 松川「!?」

大人の小説って感じですね。 「うぇーい、ただいまー」 「おかえりー。 っと、副主将の岩泉一だ。 side松川 花が目を覚ましたのは、それから二週間たってからだった。 どれだけ、求めてもどれだけ、満たしても満たしきれない欲…… 嫉妬して、犯して、強引に引き寄せて… って少し書いてしまいました。 397• 」などがあります。

Next

ハイキュー!! 1巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

花巻は少し意地悪くするとすぐに目尻を赤くして泣きそうな顔をする。 「さ、帰るかー」 パンパンのエナメルバッグを肩にかける花巻に続いて、俺もバッグを担いだ。 声こそ上げないものの、ビクンと身体を揺らす花巻は何て言うかうん、エッチだ。 「花巻先入っていーよ」 「んじゃお言葉に甘えて」 何となく直視出来ないでモヤる俺の気持ちなんて知りもしない花巻は、パンツと着替えをパパッと纏めて「お先なー」と部屋を出て行った。 花巻の小さな顔を両手で包み込んで、でも花巻が嫌ならちゃんと逃げられるようにゆっくりと、顔を寄せていった。

Next

#ハイキュー!! #松花 花巻「くすぐったいとこって、性感帯なんだって」 松川「!?」

689• 」 花「?おともだち、なの?」 及「っふふ。 ふと、さっきの事を思い出して、ひょっこりと部屋を覗いて言った。 人生で一番の、勇気だと思う。 「松川」 そんな愛おしそうに 名を呼ばないでくれ 「好きじゃないなら、なんで泣くの」 愚問だな、花巻。 その時俺はこう思ったんだ。

Next

ハイキューBL小説

「あ…、松川…」 そうして二人の影が重なっ……… 「はーーーーいカットカットカット!!!終わり!!ねぇお前ら毎回何なの!?ここ部室って分かってる!?」 「国見今日何点?」 これからいいところだったのに、いつも通り及川監督のカットがかかってしまった。 185• 汗に濡れたシャツを袋に突っ込んでヒヤリとするYシャツに袖を通していると、花巻が上目遣いに俺を呼んだ。 て、コラ。 「何してんだよ、及川。 対して俺は烏の行水で、お前ちゃんと風呂入ってきたの?と確認されるくらいだ。 あれ、さっき部室でもこんなことしたななんて頭の片隅で考えた。 もしそれをすれば、もう二度と目を覚まさないかもしれない。

Next

ハイキュー!!いろいろ

キャラクター達が生き生きとしていてとっても面白く、バレーの知識が全くない方でも十分楽しめます。 けど、あれは「遊び」で「冗談」だから。 …」 「………そっか………」 話したいことがたくさんある。 実際どこまで近付けたかなんて分からないけど、気持ち的には勿論、キスしたかったに決まっている。 そのせいで及川に質問責めにあったけどな… 『岩ちゃん!まっつんのことが好きなの!?最近俺じゃ無くてまっつんのこと見てない?』 あれは大変だったな…… 松川の監視を続けていてたまにあれ?と思うことはあった。 145• そんな事を言ってしまったらきっと、少しS気のある彼氏役も、長年連れ添った理解ある夫役も、こうして親公認で泊まりに行ける権利も、校内でも有名なあの二人に引けを取らないくらい息の合う親友という立ち位置でさえ剥奪されてしまうだろうから内緒なんだけどね。

Next