テニスサーブ練習。 ソフトテニス初心者必見!基礎的な練習方法を徹底解説【サーブやレシーブなど】

ダブルフォルトを解消!家でもできるテニスサーブの練習法5選!

これは本当ですから、常に意識しておきたいです。 そのとき、右足から左足へ体重が移動しているか確認する。 体を横向きに保つために あぐらをかいた状態で スピンサーブの練習をすることを おススめします! そのため、まずは、 ボールを打ち返すという動作に慣れるというのが何よりも大切です。 以下に詳しく紹介します。 「驚くほど外にキックします」 この二つですね。 ブレイクポイントで、 ファーストサーブを入れるというのは 相手にとってかなりのプレッシャーを与えます。 スポンサードリンク テニスのサーブ練習を自宅でする方法:イメージ通りに素振りをする 自分が目指すサーブのイメージをしっかり脳にインプットできたら、そのイメージ通りに素振りをしてみましょう。

Next

テニスの練習メニューが楽しいと上達に繋がる!初心者でもできる│ふじや流プラス

「どこを通して、どういう風にラケットが抜けていくか」、できれば「どの高さ、どの距離で打つか」を必ず頭の中でイメージして、そのスイング軌道の通りにしっかり振ることができるようにします。 そして最後は「それらの確率・質を高めること」です。 お子様がいる人は、ターゲットを作って的当てゲームをしたり、ゴミ箱に入れたりして、一緒に遊べば練習にもなるし、お子様も喜ぶのではないでしょうか? タオルで素振り これは僕もレッスンでよく使います。 ボールの空き缶やミニパイロンを5個準備しておく。 タオルを使ったサーブ練習 家の中でラケットを振り回すのがなかなか難しければ、タオルを使ってサーブの練習をするのがおすすめです。

Next

一人で上達できるテニスの練習方法

オープンスタンス、プロネーションなど、現代のテニスのフォームをとことん教えてくれます。 値段は 18万円と高価ではある。 バックのスライス フォアのスライスと同じように体重移動と面の向きを意識して練習する。 慣れてきたら、 ボールを押すことを意識して、直線的に勢いよく飛ばすようにする。 最終的には、どのような打ち方で、ネット上のどの場所を通過すればどのようなサーブになるのか関係付けられれば狙いやすくなります。 きちんとしたレシーブというのは、空振りなどをせずに、ある程度コート内の狙ったところにボールを打ち返すというのがきちんとしたレシーブになります。

Next

テニスのサーブ練習は家でもできる!

数年、あるいは長年に渡って打ってきた 「前に打とう」とする フラットサーブやスライスサーブを打つときの癖が 体に染みついてるんですよね。 ある程度自分のサービスをコントロールできて、ワイドとセンターのサービスボックスのコーナー付近にサーブを入れられる方は、普段からそのコースに打つ練習をしているでしょう。 握り方は、まずラケットを地面に置きます。 向こう側のコートに入るかどうかを確認しながら打つとよい。 特に緊張する試合では、試合が終わるまでにそのことに気が付かなかったり、気が付いてもそのようなサーブしか練習していなかったのでどうしようもなかったということがよくあります。 ためた力を戻すときに、自然と腕が振られるのが運動連鎖による動きです。

Next

テニス スライスサーブ 練習法

これらを間違ってしまうと、いくら注意深く動画を見ても無駄になってしまうことがあります。 つまり、試合においてサーブから主導権を握ることは難しくなるでしょう。 ちなみに立った状態でも座った状態でもどちらでも問題ありません。 決してそれを否定するわけではありません。 フォアハンドよりも2,3割小さいテイクバックを意識しましょう。 「回転があるとホントに入りやすくなるんだ」を実感させてくれます。

Next

【楽天市場】テニス上達グッズ:テニス市場

ちなみに立った状態でも座った状態でもどちらでも問題ありません。 構え方ができていないと、ボールを落ち着いてとらえられず、しっかりとしたボールも打てません 構え方としてとても大事になるのが、 重心位置です。 また他人の動きを見ただけで、その正しいイメージを脳にインプットすることにも優れているのでしょう。 でも、せっかくサーブを上達させたいのですから、もうそんな弱気なサーブは卒業しましょう。 これは、インパクトの瞬間に手首でラケットを操作しているためで、これでは、ボールがどこに行くか予測不能です。

Next

テニスが上達する素振りの練習方法

肘を目の高さまで あらかじめ上げておきましょう。 家で出来る画期的なサーブ練習器「サーブアップ」 これはサーブアップという器具を使って練習するものです。 そして、フラット、スライス、スピンなどの球種の練習をしたい。 それは膝の伸びあがりに際し、鋭く爪先立ちを意識することです。 確認の方法の1つとして挙げられるのが「鏡で見る」ということです。 打ち合いになると、どうしてもフォアハンドとは逆サイドのバックハンドでの対応が求められます。 ある程度自分のサービスをコントロールできて、ワイドとセンターのサービスボックスのコーナー付近にサーブを入れられる方は、普段からそのコースに打つ練習をしているでしょう。

Next

テニス上達のために家でもできる練習法

この2つの点を解消しようと生まれたのがセミウエスタングリップです。 rakuten. 横幅5メートル、長さ20メートルほどの面積があれば十分に練習することができる。 ですが、このDVDは簡単な手首の意識からすんなり回転系サーブを打てるようにしてくれて、今ではセカンドサーブも強気で打てるようになりました。 正確にトスが上げられないことが多く、何度もトスのやり直しができないからです。 サーブは、レシーブと並んでソフトテニスにおいてとても大切なショットです。

Next