浅見帆帆子。 楽天ブックス: 著者名:浅見帆帆子 の検索結果1/4 ページ

人気作家・エッセイストの浅見帆帆子を徹底紹介!

」と言いました。 以前参加した作家の浅見帆帆子さんファンクラブ「ホホトモ」会員向けに行われたイベントのレポートです。 なのでタロットに出るカードがどんどん変わっていくことが想像できるでしょう?! お客様には、占った後、個々に合わせて、いろんな精神レベルを上げる方法をお伝えしています。 ・親のために生きないと、、、という思いに縛られて足かせになっていることがある。 March• 「HappyLanding」をベースとしたデザイン AMIRIで販売されている商品の一部に「HappyLanding」という言葉が綴られたデザインのものがあります。 July• February• 未来の予定、その日そのときの感情、心から思ったことなど、気持ちを記録しておくこともおすすめです。 当日は浅見帆帆子さんご自身から「お金やいい情報は流すのが大事」とのメッセージをいただいたので、講演部分のダイジェスト 作家の浅見帆帆子さんがこの秋に結婚されたと、Facebookで報告されてました。

Next

楽天ブックス: あなたは絶対!運がいい

青山学院大学国際政治経済学部卒業後、ロンドンに留学、インテリアデザインを学ぶ。 。 ネット情報によれば、再婚だとか。 帰国後、執筆活動に入り、『あなたは絶対!運がいい』(廣済堂出版)『あなたの運はもっとよくなる!』(三笠書房)『宇宙につながると夢はかなう』(フォレスト出版)などが累計250万部のベストセラーとなる。 作家・エッセイスト。 そのあなたの波動にぴったりの答えを、外側に引き寄せてきます。 浅見 そうです。

Next

浅見帆帆子 小林公成

自分が本当に知りたいことがあるとき以外はネットやテレビに浸りすぎないようにしてみてください。 参加者の「何かが起こる」という期待の意識が起こしているとも言われているのです。 すべて、今のあなたに必要なもの、相応なものがやってきているのです。 February• 宇宙が全ての大本だとすると、その影響下に守護神、守護霊、天使などの分かりやすい形で、背後で守ってくれているものがあると私は思うのです。 そしてなにより!表紙のこのてざわり、質感、色合いも、ぜひ実物を手に取って味わってください。 February• でも、やっと私の順番が巡ってきたその時、FAXがカタカタカタッと動いて、「あなたにぴったりの物件がいま出ましたよ」と。 日本でも一躍脚光を浴びた世界的な元プロサッカー選手だったり、某書道家だったり、セラピスト、アナウンサーだったりと、とにかく幅広く出会いや親交があることが分かります。

Next

浅見帆帆子 小林公成

同じように考えると、パッと引くカードに書いてあるメッセージでさえ、偶然はありません。 浅見 本当ですよ。 実際、Bちゃんとのこれまの付き合いのなかで、不思議なことがたくさん ありました。 夢や目標って達成することにこだわり過ぎると、それに執着してしまって、逆に遠のいていくんです。 わたしのせいで起こったのではないように見える降ってわいたようなトラブルも、まぐれとしか思えないようなラッキーなことも、すべて自分のレベルに合っているからこそ起こるのです。

Next

恋愛に大活躍!浅見帆帆子さんの精神レベルを上げる方法!!

June• 人材教育に用いる企業、学校などが多く、海外でも翻訳されるなど幅広い読者の支持を受けている。 今振り返っても、イスラムの文化で、 外国の女性と気楽に会うことすらしない人たち、 しかも王族と、よく私が会うことになったなあ、という不思議な流れでし た。 過去に開催されたセミナー 未来を約束する1日 日時:2017年10月22日 会場:ニッショーホール 主催:- 叶えたい未来を現実にするためにしていくプロセスと秘訣を知る 会費:9,800円 思いをかなえる方法 日時:2018年3月31日 会場:中野サンプラザ 主催:朝日カルチャーセンター 引き寄せの法則を実際に使いこなすための具体的な仕組みを知る。 東京生まれ。 ですから、過去に起こったことは一切後悔する必要はないと私は思っています。

Next

浅見帆帆子

May• 小林公成と言う方と結婚されたようです。 夢をかなえるカードです。 心構え2:自分を信じる 心構え1で大概しょぼーんてなって、やっぱり私にはこのやり方無理とか合ってないとか・・また人のせいにして元の自分に戻り勝ちです。 これもまさに直感の中の2番目の、「どちらに考えた方が自分の本音が快か」になるのです。 同時に、「宇宙」(人間の力の及ばないなにか偉大なもの)につながるための方法でもあります。 August• そのうち毎日のように本屋へ足を運ぶようになり、インテリアの本を好んで読むように。

Next