スカーレット ネタバレ 18 週。 スカーレット第18週のネタバレあらすじ。昭和53年、武志17歳喜美子40歳

【スカーレット】第18週ネタバレ(2/3~2/8)と感想&視聴率

「前に言うたな。 洸平くんが「あ、なんか久しぶりに僕、笑ってるわ…最近、悩んでる顔が多くて…」って、八さんが言いそうなことをリアルに言ってて、みんなで笑ったよ。 それはもう誰にも制御出来なかった…。 後日、 7回目の窯焚きの挑戦では、川原一家総出となって手伝います。 でも奥さんとの別れを経験したことで、ひとたび大きな渦に巻き込まれたら、どんなに愛情があっても、手を離さなければいけないことがあるとわかってしまった。

Next

NHK連続テレビ小説 スカーレット ネタバレ あらすじ 最終週(3月23日~3月28日)

「何言ってるのこの人」って、「理解はできないけど受け入れる」ことで折り合いをつけてきた二人だけど、それがもう無理になっちゃったんだな。 」 「うん。 そんな中、一緒に活動している笹山は入ってくるなり、市議会議員が署名してくれたと請願書をかかげる…みんな立ち上がり、嬉しいニュースに喜びの声をあげた。 大野(マギー)や陽子(財前直見)に相談しても気分は晴れない。 」 喜美子は、受付へ向かい、ぱらぱらと芳名帳を見ました。 『十代田八郎』 その旧姓で書かれた名前を見て、喜美子は一から出直すということの意味を考えました。 妻も、息子も。

Next

NHK連続テレビ小説 スカーレット ネタバレ あらすじ 最終週(3月23日~3月28日)

すると武志は、少しためらいながらも今までずっと胸にしまっていた父・八郎への思いを打ち明けたのです。 さすがに、 予想した通り、窯が耐え切れず崩壊するのですが、 火を消さないと火事になると騒ぐ母の意見をよそに 気が狂ったように薪を投げ込み 窯焚きをつづけます。 十代田八郎は、そう書いてるだけかもしれない。 「喜美ちゃんが頑張ってるから、見に来てやってもらえませんか?って」 女手一つで陶芸と必死に向き合っている喜美子を見てたいマツが、心配になって草間に手紙を送っていたのです。 喜美子が気にしているのは武志の進路。 お父ちゃん、なかなか帰ってきぃひん。 お父ちゃんやと思ったんや。

Next

朝ドラ「スカーレット」第18週ネタバレあらすじ「炎を信じて」

いよいよ7回目の挑戦です。 特に誰を見ていたわけでもないのに、自分をちらっと見ていたと色めきだつ高校生男子たちなのでした。 信作がタイミングをみて渡していたのです。 「陶芸やりたい思うてんの?」 「う~ん…。 育ちがよく、まじめな青年。 そこまでして一生懸命やっていけるか分からん」 武志の父への想いを聞いて、喜美子は別れた夫を思い、返す言葉もなかった…。 第104話 2月4日(火) マツ(富田靖子)は喜美子(戸田恵梨香)のことを心配する。

Next

NHK連続テレビ小説 スカーレット ネタバレ あらすじ 最終週(3月23日~3月28日)

それでも、武志は八郎と会ったことは言いません。 そこに以前、大量注文してくれたひろ恵(紺野まひる)がやって来た。 「直子…結婚したのに、まだ鮫島言うてるの?」 窯焚きへの疑問ではないところが、マツらしいのですが…。 しかし、 ・八郎に出会って陶芸を教えてもらった ・やりたい事を見つけられて幸せ ・ 幸せだから、作品を作りたい そして、喜美子は 「陶芸家になります」と宣言します。 明日の喜美子の回答次第では、もう後戻りできない…。 喜美子が7年前に穴窯を成功させて脚光を浴びた話を繰り返し聞くのが好きでした。

Next

朝ドラ「スカーレット」第18週ネタバレあらすじ「炎を信じて」

昼の火の当番をお願いしたのです。 進路を考える時期ですが、武志は陶芸家を目指すか迷っていました。 喜美子は深夜まで武志を待って問い詰める。 「わざわざすみません。 喜美子たちと同じく式を挙げず両家集まって記念写真を撮りました(八郎はいない…?) 喜美子は7回目の窯焚きを、直子や鮫島、信作らにも協力してもらいます。 「お母ちゃんは陶芸家としてやりたいことをやって成功した代わりに、大事なもんを失った。 」 「あ…はい。

Next