お手数をおかけしました。 「この度はお手数をおかけして」の意味と使用に適した場面|ドクモバ!

「お手数」の意味と使い方を解説!正しい読み方と英語表現も

他のクッション言葉としては「失礼ですが」「申し訳ありませんが」などがあります。 二つの違いは、「お手数おかけしました」は労いやお礼の意味を含む場合があることと、自身に非がなくとも使う表現であるということです。 「を」を省略した「お手数おかけします」という表現も、間違いではありませんが、文字にした場合には特に違和感を覚える人もいるようです。 「お手数」の使い方と例文 手間・労力という意味の「お手数」という言葉は、実際にはどういった使い方が正しいのでしょう。 「お手数」というのは手間や労力のことを指します。

Next

「お手数をおかけして」の意味・目上の人へ使うのは失礼か

以下のように、感謝の言葉を添えて使うのが一般的です。 「お手数おかけします」の類語 「ご面倒をおかけします」との違い 「面倒」は、手数がかかる不快なことや煩雑でわずらわしいことを意味しています。 社内の同僚や社外の取引先に何か依頼する機会も多く、「お手数おかけします」という言葉を様々な場面で使うようになりますよ。 ですが、 「お手数おかけします」という言葉は、学生生活では使う場面が少ないため、これまであまり使ったことがない方も多いと思います。 ・「お手数」は、名詞の「手数」の丁寧な表現です。

Next

「お手数をおかけして」の意味・目上の人へ使うのは失礼か

『ご面倒をおかけして、申し訳ありません』というように、相手の方に手間をかけさせてしまったことに対し、お詫びの気持ちを込めた言葉として使用いたします。 読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。 もちろん、不備の指摘であった場合には「とんでもございません」の言葉のみではなく、迅速な対応と返答をするなど態度で謝罪の意思を示しましょう。 お手数おかけしますがご確認のほどよろしくお願いいたします。 」 「お手数をおかけしますが」の変化形を使った例文 「お手数ですが、添付書類をご覧いただけませんでしょうか。 申し訳ございませんでした」 「手を煩わせる」という言葉には、面倒をかける・手間を取らせるなどの意味があります。

Next

「お手数おかけします」の正しい意味と使い方は? 例文もチェック

ただ謝罪の意思を伝えるのではなく「お手数をおかけしてしまい」と添えると、何に対しての謝罪なのか伝わりやすくなります。 ビジネスメールでよく使う「お手数ですがご確認お願いします」 ビジネスシーンにおいては、 「お手数ですがご確認お願いします」 という表現をよく使いますよね。 例えば、メールでこんな風に使用します。 お手数おかけしますがご確認のほどよろしくお願いいたします。 相手に迷惑や被害をかけたことに対する謝罪には「お手数」という言葉はふさわしくありません。

Next

「お手数をおかけしますが」の意味と正しい使い方!類語や英語も紹介

そこで活用したいのが、です。 「お手数おかけしました」と相手に言われたら、どのように返せば良いのでしょうか。 豆知識として「お手間をとらせてしまい」は「目的のために相手に労力や時間を割いてもらった場合」、「お手数をおかけしてしまい」は「自身や誰かのために労力や時間を割いてもらった場合」の言葉です。 」という表現です。 「ある物事」とは、自分以外の第三者のために行う物事です。 「お忙しいところ、お手数をおかけしました」「お忙しいところ、お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします」というように、「忙しいのに、本当にありがとう」「あなたが忙しいのは知っているけど、そこをなんとかお願いします」などの気持ちを込めることができます。 なので、 「お手数をおかけしますが」は「を」を入れた方が自然な言い方になります。

Next

「お手数をおかけします」「お手数おかけします」どっちが正しい?その意味と使い方【あらためて知りたい頻出ビジネス用語#11】

相手に依頼をするときに役立ちますので、使い方を覚えておきましょう。 特に、依頼内容を明記したうえで、「お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします」と締めくくるのもよくある例で、ただ「宜しくお願いします」と依頼するよりも気持ちのこもった表現になります。 例えば後輩や部下に頼み事をしたとき、「ありがとう」と一言で済ませるよりも、「お手数おかけしました。 Sorry to bother you, but〜? 例文 ・ご面倒をおかけしますが、ご教示いただければ幸いです。 (お手数をおかけしますが、もう一度教えてくれませんか。 「お手数おかけします」は 「おてすうおかけします」と読み、 「手間をかけてしまいますが、よろしくお願いいたします」という意味になります! 「お手数おかけしますが」の正しい使い方は? これまでの生活で、 「お手数おかけします」という言葉を使い慣れていないと、どう使えばいいか悩んでしまいますよね。

Next

「お手数おかけしました」の意味・正しい敬語か・使い方と例文

ビジネスでも使いやすく、覚えておくと役立ちます。 」 ・例文2「先日の会議におきましては、お手数をおかけいたしまして誠に申し訳ございませんでした。 今回は国語講師の吉田裕子さんに「お手数をおかけします」の使い方を解説して頂きました。 「お手数」は自分以外の第三者のための行いに対して使う言葉ですが、「お手間」は自分の行動にも第三者にも使うことができます。 「手間や面倒をかけてしまうかもしれませんが、よろしくお願いします」という意味がこもっています。 「ほんとうにお手数をおかけして申し訳ございませんでした」というような時だ。

Next