マテリアライズド ビュー リフレッシュ。 REFRESH MATERIALIZED VIEW

津島博士のパフォーマンス講座 第71回 マテリアライズド・ビューについて(2)

マテリアライズド・ビューのリフレッシュ さらに最適化するには、 INSERTと DELETEを分離します。 ホーム外リフレッシュでは、マテリアライズド・ビューの全体または影響を受ける部分は、1つ以上の外部表に計算されます。 高速リフレッシュは、マテリアライズド・ビュー・ログで SEQUENCEオプションが省略されていても可能な場合があります。 BUILD DEFERREDを使用するマテリアライズド・ビューの場合は、初めて使用する前に完全リフレッシュを実行する必要があります。 この変更が、 sf. マテリアライズド・ビュー・サイトとマスター・サイトで型のオブジェクト識別子が同一であること。 リフレッシュ・グループ 複数のマテリアライズド・ビュー間の参照整合性およびトランザクション 読取り 一貫性を保つために、Oracle Databaseでは、個々のマテリアライズド・ビューをリフレッシュ・グループの一部としてリフレッシュできます。 customersマスター表にプッシュされます。

Next

【Oracle】MView動作検証 その2〜高速リフレッシュ

example. また、 sales表は月別にパーティション化されているとします。 425 ms 増分リフレッシュの検証 検証シナリオ マテリアライズドビューで最も気にな機能は、「増分リフレッシュ」です。 example. これらの操作の実行に必要な権限は、1人のユーザーが操作を実行するか別々のユーザーが実行するかにより異なります。 カンマで区切られた、リフレッシュ対象のマテリアライズド・ビューのリスト• マテリアライズドビューはこの組み合わせで管理されます。 マテビューの作成時にはいろいろ制約があるのでそこらへんは。 それぞれに、一連の固有のパラメータがあります。 実データを保持する関係上、「完全リフレッシュ 全計算 」と「高速リフレッシュ 部分計算 」があります。

Next

「もうMATERIALIZED VIEWの挙動でやきもきしない」 9.4での設定・運用の改善 (3/4):PostgreSQLガイダンス(2)

customers orc1. リソース要件の削減: マテリアライズド・ビューがラップトップに格納される場合は、一般にハード・ディスクは会社のサーバーよりもはるかに小さくなります。 経過: 00:00:00. Time: 332. これによって、リフレッシュは、更新のたびにではなく、コミット時に1回のみですみます。 リフレッシュ処理は常に独立したトランザクションで実行されるため、リフレッシュ処理は、コミットされていないユーザー・トランザクションのコミットを待機しません。 example. 362 内部的な動きの確認 では、どのように増分リフレッシュが実現されているのか気になるところです。 高速リフレッシュの完了後、マテリアライズド・ビューはマスターと同一である必要があります。

Next

自動リフレッシュ

example. 副問合せが多対多または1対多の場合は、主キーの一部ではない結合列をマスターのマテリアライズド・ビュー・ログに含める必要があります。 非パーティション表に、パーティション表の既存のグローバル索引と交換される索引構造を作成しないでください。 マテリアライズド・ビュー内のネストした表の記憶表に対して次のアクションを直接実行することはできません。 DELETEとダイレクト・ロードの混在を回避してください。 この文により作成されるマテリアライズド・ビューは、高速リフレッシュが可能で、更新も可能です。 ホーム外リフレッシュを使用するかどうか このパラメータは、既存のすべてのリフレッシュ方法 F、 P、 C、? 使用が制限される時間は、表を交換するための時間とほぼ同程度になります。

Next

マテリアライズド・ビューのリフレッシュ

特定のビューを頻繁に参照する場合に性能が向上する。 example. たとえば、 EXISTS条件は使用できますが、 NOT EXISTS条件は使用できません。 で説明されている完全な階層的キューブの例を参照してください。 要約すると、使用する方法は次のようにして判断できます。 <参考> <愛読書> rey1229. このリフレッシュ・アプローチにより、一連の表と表に定義されているマテリアライズド・ビューが、常に同期した状態を維持できます。

Next

マテリアライズドビュー更新時にUNDOが多く必要になる理由

切替えまたはパーティション交換操作中にクエリー・リライトがサポートされないことに注意してください。 古いデータに対する環境の許容度を考慮してください。 com c WHERE o. 以下に使用例を示します。 locations orc1. orders orc1. マテリアライズド・ビューについて マテリアライズド・ビューとは、ある一時点におけるターゲット・マスターのレプリカのことです。 example. log ここでは、rowidマテビューかつ高速リフレッシュ設定をした場合において、マスタ表をtruncateしてしまったケースを取り上げます。 com; リモート・マテリアライズド・ビュー・サイトで行のサブセットを作成できるように、主キー・マテリアライズド・ビューには副問合せを含められます。

Next

「UNION ALL を含むマテリアライズド・ビューについて」(1) Database Expert − @IT

古いデータの使用領域を最小化するには、Oracleのデータ圧縮を使用できます。 どちらの方法でも、パフォーマンスと一時領域の使用量は同程度です。 CREATE MATERIALIZED VIEW oe. 複合マテリアライズド・ビュー: の方法Aは、複合マテリアライズド・ビューを示しています。 name ,a. レプリケートされる各ユーザー定義型について、オブジェクト識別子 OID 、スキーマ所有者および型の名前を全レプリケーション・サイトで同一にする必要があります。 このため、対象マテリアライズドビューに平行してSELECTコマンドを実行できます。 マテリアライズド・ビューのリフレッシュのタイプについて リフレッシュ方法は、増分または完全リフレッシュです。 データマート(マテリアライズドビューを置き換える)• コミット中にリフレッシュに失敗した場合は、リフレッシュされていないマテリアライズド・ビューのリストがアラート・ログに書き込まれます。

Next

マテリアライズド・ビューの設定方法

age ,a. このコマンドオプションはExclusiveという、一段階弱いモードのロックしか取得しません。 orders orc1. それでも、2つの REFRESHコマンドを同時に実行することはできません。 REFRESH Time: 18362. 実表に対するパーティション・メンテナンス操作がある場合、増分リフレッシュにはこの方法しか使用できません。 ただし、ロードできるのはファクト表だけになります。 マテリアライズドビューの高速リフレッシュが遅くなる現象についてのメモ マテリアライズドビューを高速リフレッシュする際は、 マスタテーブルのマテリアライズドビュー・ログを参照し更新状況をマテリアライズドビュー側に反映する。

Next