フレンチブルドッグ 飼い方。 フレンチブルドッグの魅力や飼い方を解説!性格や寿命、大きさなども

犬図鑑

呼吸を苦しがっているときには早めに獣医の先生に相談をすることを心がけましょう。 実際には、体重は8kg~15kg前後、体高は30cmくらいの子が多く、オスの体格はがっしりとしていて大きくなる傾向にあります。 その後 2000年代に入ってから再び人気犬種として飼育するオーナーさんが増えています。 いろいろな問題やリスクがあっても一緒に暮らしたいと思っています。 だからこそ、家族に迎えたらしっかり向き合って、愛され気質のフレンチブルドッグとの暮らしを楽しんでくださいね。 どこかから「このくらいが丁度いい」という声が聞こえてきそうです。

Next

フレンチブルドッグの性格、選び方、飼い方を元ペットショップ店員が0から教えます。

ラバーブラシで不要な毛を取り除いてあげることで血行を促し、皮膚病のケアにもなりますので、できるだけ毎日ブラッシングケアをしてあげるようにしてください。 肛門腺絞りは尻尾を持ち上げ、2本の指で下から上に押し出すようにして絞ります。 とても愛嬌があり、表情豊かで可愛さ重視な方にお勧めなタイプです。 フレンチブルドッグの被毛 フレンチブルドッグの毛並みは短く、やわらかでつややかな光沢があります。 皮膚の手入れ フレンチブルドッグの特徴とも言える鼻周りのシワですが、この部分から皮膚病が発症するケースがとても多い見られます。

Next

フレンチブルドッグの性格、選び方、飼い方を元ペットショップ店員が0から教えます。

タイミングを間違えるとなんで怒られているのか理解できません。 異物の誤飲 こちらは病気ではありませんが、フレンチブルドッグによくおこることなので紹介します。 メスはマイペースでおっとり派。 繊細で落ち込みやすい フレンチブルドッグは愛嬌があって活発、その上、利口で賢い犬種といわれています。 温厚な性格から吠えることも少なく、集合住宅でも気兼ねなく飼育することができます。 慣れるまでは『上から撫でる』のではなく『下から撫でる』ことを心掛けましょう。

Next

フレンチブルドッグについて

またしつけは小さい子犬の頃からトレーニングを繰り返し行い、覚えさせましょう。 1900年頃にアメリカで行われたドッグショーで、立ち耳(コウモリ耳)が標準と定められるようになったそうです。 フレンチ・ブルドッグの特徴 フレンチ・ブルドッグを飼う上で気をつけなければならないのが、フレンチ・ブルドッグの特徴でもある「短吻種(目の前から口までの長さが短い犬のこと)」だと言う事です。 子犬の購入後も分からないことがあれば質問しやすくなり、安心してサポートを受けられます。 個体差・性別で性格が違うフレンチブルドッグ。 これを避けるためにも、距離を少しずつ縮めていくやり方でスキンシップをとっていきましょう。

Next

フレンチブルドッグの性格から考える!飼い方・しつけのコツとは?

そのため、しつけで叱りすぎると逆効果になってしまいます。 噛んだときに痛いと伝えたり、フレンチブルドッグが怖がるような音を鳴らしたりして噛んではいけないことを子犬の頃から学ばせましょう。 この小柄で立ち耳のブルドッグは、性格も温厚に改良され、今までと異なる容姿と性格に、イギリスでは全く見向きもされなかったのですが、フランスでは「ブルドッグ・フランセ フランスのブルドッグ)」と名付けられ、愛玩犬として上流階級や貴婦人の間で人気を博していきました。 これが原因で脱臼になったり、関節炎をおこしたりします。 また、皮膚や関節トラブルが多いというところもありますので、こまやかなケアが必要になるでしょう。 治療には軟口蓋を切除する手術が勧められています。

Next

フレンチブルドッグの歴史、性格、毛色、飼い方

耳の中が汚れていると細菌が増えて病気になってしまいます。 フレンチブルドッグを飼う魅力 フレンチブルドッグを家族に迎えれば、愛嬌のある顔つきや愛らしい行動は見ているだけで毎日楽しく、疲れやイライラも癒されていきます。 気質はテリア系に近く、吠えることも少ない魅力的な犬ですね。 ブルドッグの闘犬としての荒い性格では家庭犬には向かないため、小型の「 パグ」や「 テリア」との交配が行われ「 ブルドッグ・フランセ(フレンチ・ブルドッグ)」と名付けられました。 色々なものを食べてしまう傾向があるため、食べてはいけないものを食べて喉や腸につまらせてしまうことがあります。

Next