仙南 サーフ ヒラメ。 ヒラメ60cm! ~仙南サーフ~

[釣行記]宮城周辺サーフのヒラメ、マゴチシーズン直前レポート!

見た目には全く何もないポイントからヒラメを釣りあげてくる猛者がどのサーフにもいる。 しかし、ゴールデンタイムにも拘わらずサーフ全体で釣果が上がっていなければ、ヒラメが手前まで接岸していない可能性も考えられる。 魚体が縮まないうちに早速魚拓作成に取りかかり、一番大きな連盟の魚拓用紙ギリギリなのでかなり苦労しましたが、何とか拓寸で95cmくらいになりました!連盟のヒラメの日本記録を確認すると『102. まわりを見ていない 釣りは色々な情報からポイントや攻略方法を探ることで釣果が変わってくる。 中央部分も攻めつつ、離岸流とそうでない部分の境目(通称、離岸流の肩)も攻めるようにしてみよう。 そして、このマヅメの時間帯にベイトフィッシュが絡むようであれば、ヒラメが捕食モードに入っている可能性が高く、超ベストな時合だと言えますね。 この時期はヒラメとマゴチどちらも狙うことができ、特にマゴチはハイシーズンにはボウズはほとんどない状況になる。

Next

[釣行記]仙台周辺サーフのヒラメ93cm!

阿武隈川 仙南サーフ(北側) シーバス釣り ポイント 仙南サーフではシーバスは勿論大型のヒラメ&マゴチも良く釣れます。 確かに、ヒラメも青物ほどではないにしろ大きく移動する。 このクイを立てているのは釣り人だけじゃなく、サーファーがここを目安に沖へ出る目印的なものだったりする。 狙いは 各消波ブロック間と、 両サイドから伸びるサーフのかけ上がり。 もちろん、良いポイントに入れたら粘るのも必要だ。 宮城のコチ、ヒラメはいよいよ盛期に突入!手軽に狙えるフラットゲームを今季も存分に楽しんでいただきたい。 しかし、釣れないアングラーの中にはその1つのポイントに固執し過ぎてしまっている方もいる。

Next

海浜公園内で楽しむヒラメ&マゴチ爆釣サーフ@宮城県仙台サーフ【海釣り陸っぱりポイントガイド by 佐藤淳】

つまり、移動している時間が長いためにせっかくの時合(釣れる時間帯)に釣りをしていないことになる。 宮城県亘理郡亘理町 阿武隈川 天気予報 現在の亘理郡亘理町の天気予報の詳細はこちらで検索できます。 5月20日頃よりご近所サーフに通い始め、最初、なかなか釣果に恵まれませんでしたが、27日の夕マヅメ(日没直後)にヒラメの60cm!また、31日に本命のスズキ73cmが釣れ、ともに、暗い時間帯のヒットでした! マゴチのほか、シタビラメ(クロウシノシタ)なども! 6月5日、この日もベタ凪ぎだったので、ご近所の釣友と、いつもより北側のサーフに暗いうちに入り、いつものように蓄光ジグでスロー引き。 (笑)。 ベイトの接岸状況などにもよるが、すぐ目の前の第一ブレイクで釣れることも多い。 早春のヒラメは猫跨ぎ(猫も無視するという意味)とも呼ばれるほど味が落ちると言われてますので、美味しさも求めたいという方は、是非とも冬に、しかも座布団ヒラメを狙いに行ってください(ドMですね)。

Next

サーフでヒラメが釣れない人の18の特徴

潮通し良いことや川が流れ込んでいることで小魚の餌であるプランクトンが流され固まる。 また、アクションの派手さはリップの形状も重要になってきて、サイレントアサシンシリーズとしては140Fより、129Fと160Fがウォブリングが強く高アピールと言えます。 そのスピードを下回るとルアーが本来のアクションをしてくれない。 仙台サーフはフラット狙いのアングラーで大賑わい 「フィッシングショーin東北」開催中の4月7日早朝、オーシャンルーラーフィールドスタッフの河野剛志さん、阿部慶行さん、鈴木貴博さんの3人は仙台周辺サーフにフラットフィッシュ狙いで釣行した。 その他に釣れない理由 飛距離が出せないキャスティング 遠浅のサーフでのヒラメ釣りでは飛距離が重要となる。 阿武隈川河口 フラットフィッシュの魚影が濃いポイントで大変人気があり、シーズンになると大勢の釣り人が集まります。 さすがにそこまでは届きませんでしたが... 日中に光が射す時間帯でも海の濁りや光量などによっては、派手な色の選択が必要な場合もある。

Next

阿武隈川 シーバス釣り ポイント ガイド

ルアーローテーションがいつも同じ アングラーであれば、誰しも持っている自分なりのルアーローテーション。 まずは両隣のアングラーだけでも見るように心がけてみよう。 (笑)。 夜明け前からサーフインし、良さげな払い出しを見つけてキャスト開始。 2本ともサイレントアサシン160。 去年の年末に中古で購入し、今シーズンまでタックルボックスの肥やし・・・ではなく、大事に温めてきたルアーで、9月から1軍入りしました。

Next

阿武隈川 シーバス釣り ポイント ガイド

特にハイシーズンは多くのアングラーがサーフにやってくる。 シーバスは大堰からの流れ込みの下や、流れ込みの脇のヨレているところで待ち伏せしています、上流から流されてくる鮎等を待っています。 点在している沈み根にはベイトも溜まり、ヒラメやマゴチが付きやすい。 特に人気のあるサーフでは離岸流の数よりもアングラーの数が多いケースもある。 つまり、それらの小魚を捕食しようとしているヒラメも離岸流の中央よりも離岸流で掘れた部分と浅い部分の境にいる。 もちろんそんな中、毎回1枚も釣れずに帰るアングラーもいる。 そのため、大きな離岸流があるポイントで粘るのも1つの釣果アップの方法かもしれない。

Next