アジサイ 剪定 の 仕方。 紫陽花(アジサイ)の剪定時期と剪定の仕方。秋を過ぎても大丈夫?

アジサイの剪定時期と方法に気を使ったら、やっぱり花付きが良かった話

つまり、 紫陽花は剪定する時期や仕方が、きれいな花を咲かせる大きなポイントとなるのです。 地植えにした紫陽花の花後の剪定ですが、必ずしも必要なものではありません。 ひっくり返すと、 酸性・アルカリ性というのは、その程度の影響しかないということです。 この冬の剪定では、枯れてしまった古い枝や、花芽のついていない枝などもあわせて切りましょう。 このように、紫陽花は鉢植えだと華やかなプレゼントとして活躍しますし、地植えでは庭に立体感と美しい色を与えてくれる、万能な花なのです。 基本剪定 アジサイには、その年に伸びた新しい枝に翌年花芽をつけない性質があります。

Next

アジサイの育て方|ヤサシイエンゲイ

よく使われているのが鹿沼土です。 花弁が反り返った状態は花の観賞期間が終わったことを知らせています。 紫陽花の剪定の時期は? 剪定の時期は8~9月です。 103,075ビュー. アジサイは、花の終わりの時期が分かりにくい植物です。 湿度が低いときや、枝が茂りすぎると発生するので、剪定で風通しをよくし、予防します。 つまり、8月~9月終わりくらいに「花芽」ができるように、花をつけた枝に対して、花が終わった後に剪定するといいのです。

Next

アジサイの剪定時期と方法に気を使ったら、やっぱり花付きが良かった話

もちろん全体的なバランスを考えながら剪定する必要がありますので、少し手間はかかりますが、気になる方はぜひ挑戦してみてください。 残ったメネデール液を挿し床に水まきします。 害虫:ハダニ ハダニが発生すると葉が茶色に変色し、ひどい場合は落葉します。 それは剪定です。 店頭には「アジサイ・七変化」という名前で販売してあることがありますが、七変化は別名で七変化という品種があるわけではありません(は品種名です)。

Next

アジサイの剪定にはコツがある!剪定に適した時期や方法を詳しく解説|生活110番ニュース

一度樹形が整ったら、それ以降は花後の剪定と休眠期の剪定を行うだけで充分です。 そして、一般的には、枝を疲れさせないためと、大きくし過ぎないために、 花後(花が終わった後)、すぐに剪定するほうがいいと言われています。 葉の裏に赤くて小さな虫がいればハダニです。 母の日に鉢植えでアジサイをもらった方、いらっしゃると思います。 10月頃になると次の年に咲かせる花の芽が枝にできはじめるので剪定は控えてください。 1度目の剪定は、花が終わった後。 薬剤を使用して除去します。

Next

アジサイを鉢植えでもらったら。育て方を知りたい!

植えつけ後には、たっぷりと水やりをします。 剪定と水やりに注意すれば、来年もきっと花が咲く。 まだ花をの付いていない枝を2~3節ごとに切ります 2. 枝の剪定をする場合、幾つか注意しなければならないことがあります。 病気や害虫の被害を受けてしまう前に、一度強剪定して風通しをよくしましょう。 切ってしばらくすると、付け根の芽が大きくなり、葉っぱが出てきます。 用土(鉢植え) 鉢植えは、赤玉土小粒、鹿沼土小粒、腐葉土を、3:2:3に混合したものなど、保水力があり、水はけのよい用土を使います。

Next

紫陽花(アジサイ)の花の育て方・剪定など

花が終わったことを確認し来年の花芽を作り株の姿を整えるための枝の剪定作業に入ります。 枯れるまで被害が悪化すれば、枝だけでなく、根元から切り倒す始末になってしまうこともあります。 その下の昨年伸びた枝の葉の付け根に花芽を付けます。 地植えの紫陽花で、少し株が大きくなっても大丈夫・・・ということなら、秋の紫陽花の変化を楽しんでから剪定も一つの方法だと思います。 梅雨時を彩る日本原産のアジサイの花。

Next

アジサイの剪定方法

そうすることによって来年の花は確実に見ることができます。 剪定をして、コンパクトに樹形をとどめ、鑑賞しやすいアジサイにする必要があります。 管理方法は用土を乾燥させないようにし週に1回程度メネデール100倍液を与えます。 まとめ アジサイが大きくなりすぎてしまったときは、剪定してかたちを整える必要があります。 そこで、はじめに強剪定について簡単にご説明します。

Next