メスティン ラージ 炊飯。 メスティンで自動炊飯!ダイソーの固形燃料で失敗しない4つのコツ!|山行こ

メスティンで自動炊飯に挑戦してみた!超優秀炊飯アイテム!

無印良品のカレーはバリエーションもあるし、量も多すぎないので出来上がってメスティンにかけてもちょうどよいです。 どちらも簡単にできるのでご紹介していきます。 通常サイズのメスティン(TR-210・TR-310)は、即席ラーメンも折らないと入りません。 もちろん登山やソロキャンプなどで少量のお米でもおいしく炊けます。 中央部分を中心に火を当てていたのでむらがでないか心配でしたが、炊きあがりのむらもありません。

Next

【メスティンで炊飯】一合炊きの基本・コツを教えます

・簡単に水の量をみる方法 しまった!水の量が測れない!(汗) というときは、メスティンの取っ手を付けているリベット(まるいポッチ2つ)の真ん中の高さまで水を入れます。 難なくスムーズに収納ができ、空きスペースもかなりあります。 私はみずみずしい炊きあがりが好きなので少し点数を落としましたが、 硬めが好きな方なら美味しくいただける炊きあがり! 底にはお焦げがけっこう出来ましたが、食べられる範囲での硬さでした! 1度目の挑戦は100均の固形燃料20gを使い、2度目はエスビットポケットストーブミリタリーに付属してくる14gの固形燃料を使いました。 火が消えるまで見守ります。 炊飯前に水なども同じ分量のままで、缶詰の中の具材を米の上に並べて、中の汁を注ぐだけ。

Next

ラージメスティンの取説!固形燃料で自動炊飯や簡単料理レシピをご紹介!|山行こ

量が多い分沸騰までに時間がかかるくらいで、要領は一合と全く同じ。 美味しいご飯を炊く6つのポイント メスティンで美味しいご飯を炊くための6つのポイント(コツ)をまとめてみました。 焦げ臭くなったら止めるというのでもいい。 117• ダイソーで固形燃料購入と同時にスタンド付きの網などを買ってみたりしましょう。 五徳が必要 いきなり固形燃料でメスティン炊飯をしようとすると、バーナーに当たり前のようについていた五徳パーツがありません。 【DAISO】メスティン• ここでは、実際にトランギアの メスティンを使用してわかったことや 使い方、 おすすめの理由と 関連商品や レシピなどをご紹介致します。 笑顔で美味しくいただく。

Next

メスティンで上手に炊飯を行うポイント

てな感じの経過を経て・・・ チリチリパチパチという音が聞こえてくるので30秒後に消火ってのがベストのタイミング。 登山やキャンプ、さらに、おうちごはんでもテーブルの上で利用できるミニ焚き火台と固形燃料で卓上で利用したり…といろいろなシーンで活躍しますよ。 大体、10分~15分ぐらい煮込めばシーズニングの完了です。 それでも、チーズフォンデュは大成功!蒸し野菜と熱々のチーズが、美味しかったです! パン パンを型に入れて焼く時、ケーキを焼く時にもクッキングシートがあると、焼き上がったあとに、すぐに取り出すことができます。 特に夏場は、クーラーボックスで冷やして保管することをおすすめします。 ということでお替りを。

Next

【メスティン】キャンプギア最強クッカーの使い方とおすすめの理由!

1合では180CC、2合では360CCの水の分量になります。 要チェック!使う時に確認しておきたいこと バリ取り メスティンを買って早速使おう!という方、ちょっと待ってください。 固形燃料での炊飯は、音よりも見た目と米の香りが頼りと言って良いかもしれません。 加熱に時間がかかると米からデンプンが溶け出し、べたっとしたご飯になってしまいます。 また、蓋のへり部分のバリ取りを忘れがちなのでご注意を! シーズニング スキレットなどの鋳鉄製品でおなじみのシーズニングですが、メスティンでもシーズニングをしておくことをおすすめします。 う~む、食欲が止まりません。 食べる前に刻みネギなどを散らすなど、薬味で見た目を演出するのも気分は上がります。

Next

メスティンで自動炊飯に挑戦してみた!超優秀炊飯アイテム!

黒線は、底面の位置を決めるために書く線のです。 水とお米を入れる(水400cc、お米2合) 「あらかじめ吸水をさせる」といった記述も見かけますが、吸水させなくても十分に炊飯可能です。 この時、サンドペーパーを水で濡らしながら削るとピカピカ、つるつるに仕上がります。 なぜなら、火力がバーナーと違って操作できないので、できるだけ火の通りの良い状態に準備した方がいいように思うから。 メスティンの炊飯ポイント その1「お米にしっかり水を含ませる」 これはメスティンに限らず、炊飯する前には、お米に沢山お水を吸ってもらうことが大事。 実際にバリ取りを行う上で必要になってくるものは、「サンドペーパー」です。

Next