福島 原発 汚染 水。 福島第一原発の汚染処理水の海洋放出の知られざるリスク「サンデーモーニング」が指摘した“不都合な真実”(水島宏明)

福島第一原発 汚染水問題は今

放射線の被ばく量は積算量で影響を考えないといけないので、今の放射線量の数値は他と同じでも浴び続けた土地、空気、生き物は… これからも長い目で影響を見守っていかないといけないですね。 予定より大幅に遅れ、やっと放出にこぎ着けたのは今年5月だった。 ちょっとしたことかもしれないですが、誰でも支援できる、力になれる素晴らしい企画だと思います。 にもかかわらず、漏洩したときの規模が大きくなるから、大型タンクはだめだと言うのは、ダメな理由のこじつけではないでしょうか。 さらに建屋への地下水流入などで継続的に発生する汚染水が1日150トン前後あるため、タンクは22年6〜10月に容量いっぱいになると予想した。

Next

汚染水、浄化後も基準2万倍の放射性物質 福島第一原発:朝日新聞デジタル

2019. 東電を悩ませているのがこの番号を割り振られた井戸だ。 それゆえ、細かい状況について知っているつもりで知らないことが多い。 原子炉建屋の地下部分は地震でダメージを受けて、き裂等が発生しており、地下水はその隙間から流入が可能となっている。 もし用地の取得が困難なら、タンカーのような船型のタンクを作って洋上に浮かべて汚染水を保管するという手もあります。 溶けた核燃料の冷却で発生する高濃度汚染水は、建屋に流れ込む地下水で水かさが増える。 地元の意見を聞いたうえで政府としての処分方針を決めるとしており、そのための意見聴取会を4月6日に福島市内で開催した。

Next

汚染水、浄化後も基準2万倍の放射性物質 福島第一原発:朝日新聞デジタル

2019. タンクの中を間仕切りすればいいのです。 10 多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会報告書の最終版• 汚染水に含まれるほとんどの放射性同位体は、複雑な浄水システムで除去されている。 037マイクロシーベルトです。 2018. これが、いわゆる「汚染水」です。 2020. 私たちひとりひとりにできることはそんなに多くないかもしれません。 過去8年間、損壊した原子炉の建屋からは毎日、約200トンの放射性物質に汚染された水をポンプでくみ出している。

Next

東京電力「トリチウム水海洋放出問題」は何がまずいのか? その論点を整理する

ただし、放射性セシウムのほかストロンチウムなども除去されたトリチウム水が大半で、海を汚すリスクは大幅に減った。 福島第一原発には1000基の巨大なタンクが並ぶが、デブリ(溶けた核燃料など)の冷却で毎日発生する汚染水を「浄化処理」してためていたが、2020年夏には満杯になると試算している。 断片的な新聞記事や日々のテレビニュースではたまにストロンチウムが処理できないことまでは報道しても、それが「フィルターの不具合」によるものだったということはこの「サンデーモーニング」の報道で初めて知った。 2014年のALPS性能試験段階で、処理前後の各種核種濃度をチェックしながら、上記の吸着塔の構成の変更や追加がなされた。 11の復興支援で書き下ろした ポスターです。 一般人の年間の積算の被ばく線量限度が1ミリシーベルトと言われていますから、20分ほどいただけで限度超えとなり放射能被害に遭う事態でした。

Next

福島第一原発廃炉・トリチウム水処分を考える / 木野正登氏×多田順一郎氏対談 / 服部美咲

なお、「トリチウム」については、今後シリーズの中で詳しく解説していきます。 3系統ある装置のうち、1つの系統でトラブルが見つかった。 建設前後の地図を照合しますと、すべての原子炉が地下水脈をせき止める形で建設されており、事実、事故前から地下水のくみ上げに力が入れられていました。 ・ひとたび海洋放出されれば、水産業に壊滅的な被害を与える。 ) 設置や検査に1基4~6年かかるという理由も挙げられていますが。 木野 これまでのタンク内の処理水についての話し合いは、「化学的には除去できないトリチウムを含む水の処分方法について」がメインテーマでした。 また、この高濃度の放射性物質を含んだ「汚染水」は原子炉建屋内等に滞留しているため、建屋内等に流れ込んだ地下水や雨水と混ざることによっても「汚染水」が発生します。

Next

福島第一原発廃炉・トリチウム水処分を考える / 木野正登氏×多田順一郎氏対談 / 服部美咲

放置して過熱すれば危険なため、1時間に数トンの水を常に浴びせて冷やしている。 会では、「トリチウムについての情報発信が足りない」などの意見も出た。 自然界にも存在し、大気中の水蒸気、雨水、水道水にも含まれています。 2013年12月から約2年半にわたって、専門家などがALPS処理水の処分方法やコストについて議論を続けてきた。 しかし、ALPSが稼動した2013年以降は、高濃度汚染水からさまざまな放射性物質を取り除くことができるようになりました。 この汚染水には、当初、見たこともないようなありとあらゆる炉心物質が含まれていましたが、主として トリチウム(三重水素)、セシウム137、ストロンチウム90、ヨウ素131といった放射性核種が多く含まれていました。 2019. 放射能が少なくなるまで待って、少しずつ希釈して放出していけばいいでしょう。

Next