図書館戦争別冊編 ネタバレ。 図書館戦争 LOVE&WAR 別冊編|最新話39話ネタバレ(LaLa12月号)

【感想・ネタバレ】別冊 図書館戦争II 図書館戦争シリーズ(6)のレビュー

興味のある方はどうぞー。 篤」 名前の署名が入ったメールは、いきなり距離が縮まった気がする不思議な力がありました。 図書隊結成のきっかけともなった「日野の悪夢」を含む良化法に関するあらゆる情報が収蔵された私設図書館が閉館することになった。 さらに、 違法ダウンロードは2年以下の懲役、もしくは200万円以下の罰金が科せられます。 周りに背中を押され堂上と向き合った郁は、気にせず触れて欲しいと懇願するのだった。 緊急非難の誘導を行うが、聴覚障害のある児童が一人取り残されているとわかる。

Next

図書館戦争 LOVE&WAR 別冊編|最新話40話ネタバレ(12月22日発売LaLa2月号)

でもそれを言いだすタイミングはなかなか掴めませんでした。 その顔には怒りしかなく、間髪入れずに殴りつけ坂上を気絶させる。 その言葉を聞いた手塚は思わず抱きしめてしまいます。 お昼を食べながらも、立ったまま女性陣には背を向けて周囲を警戒している様子は、笑いました。 去る車を泣きながら睨み付けスマホを取り出します。

Next

【図書館戦争別冊編47話ネタバレ】手塚が柴崎を救出!そして告白へ!

噂では、訓練中に見知らぬ隊員が後ろを走っていたり、書庫で作業中に見知らぬ隊員が手伝っていたり・・・・ そんな彼が決まって、 『僕も仲間に 入れてもらって いいですか?』 と話しかけてくるそうです。 「てことは商社側に事情を話せばーー」 「うん、彼らの沽券にかけても犯人を突き止めるよ。 篤さん あの時 居ても立っても いられずにあたしを助けたった 言ってくれたけど あたしも同じ 居ても立ってもいられずに 追いかけた 追いかけない選択なんて あり得なかったよ そう笑う郁に、正直に言ってくれていい前置きした上でがっかりしただろ?と堂上は問う。 直情的な熱血漢だが、努力して冷静さを身に着けた。 展示図書に絶版本はないが、取られたコンテナの中には個人から借りた本が混ざっていた。

Next

【図書館戦争

女子隊員初の図書特殊部隊 ライブラリー・タスクフォース に配属される。 柴崎 麻子 しばさき あさこ 郁の同期の図書館員で一等図書士。 『図書館戦争LOVE&WAR』第42話のネタバレ、最新話 制裁 柴崎や郁たちが警視庁から戻ると、写真のばらまかれた経緯は既に判明していた。 同期の手塚は、努力家の優等生で、郁を目の仇にしてくる。 残念ながら 全巻は無料で読むことができませんが、 刊行されている5冊を無料で読むことができます。 慧の尽力もあり、検閲抗争には銃器使用不可の時代が訪れたのだ。 堂上 篤 どうじょう あつし 図書特殊部隊所属の二等図書正。

Next

「図書館戦争

結婚して女子寮を出た郁の代わりのルームメイトとして、柴崎の元に水島がやってくる。 堂上班のメンバー達のいたわりや、手塚の優しさに支えられた柴崎はその足で仕事に復帰するのでした。 亡命が諦めきれない当麻と郁は嵐の中レンタカーで大阪の総領事館を目指すことになる。 玄田の知り合いの女性記者の取材も入れ、良識を振りかざす大人と自由な読書を求める中学生達の意見がぶつかり合う。 やがて、憧れの人物と堂上とが同一人物とわかり、両思いであった二人は結婚します。

Next

漫画「図書館戦争LOVE&WAR 別冊編」を全巻無料で読む方法|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

同期で唯一自分と互角。 堂上、小牧とともに郁達の指導教官を務めた。 バレンタインのチョコを手作りしつつ、婚前交渉に抵抗がある郁は、手が触れるだけで怯えてしまうようになっていた。 ストーカー事件勃発以来、外出をひかえていた柴崎は寮の部屋に「門限までには帰る」とメモを残して郁の部屋で楽しい時間を過ごすのでした。 柴崎は思い出す。 別れ際の彼女の言葉に良化隊を辞め、苦労を重ねながら図書隊員となったのだ。

Next

図書館戦争別冊編 漫画51話のあらすじ アニメや動画を無料でみる方法

特に気晴らしのために独身寮の外に連れ出した郁はだいぶ取り乱しています。 愚直な郁をからかいつつも大切な友人だと思っている。 男性たちの憧れだった柴崎を、しれっと手塚が持っていってしまったものだから、いい年した上官までもやけ酒をしたようです 笑 そんな騒ぎになっている当人たちは、2人でランチ中。 空気が読めても読めなくても、結局はバカバカしく感じてしまう堂上なのでした。 「却下。 そんなある日、 「今夜は篤さんが小牧教官のところで呑みだから、久しぶりに二人で鍋を食べよう!」と郁が誘ってきました。 検閲廃止の志を同じくしながらも手段が異なるため敵対してきた慧を、柴崎は見事に懐柔した。

Next