ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド 続編。 【続編】「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド(BotW)」の新作の発売日や値段は?やはりSwitchがプラットフォーム?

「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」続編のストーリーはどうなるのか?

reddit民がお送りします BoTWのオープンワールドと今までのゼルダの物語とダンジョンを融合させてくれたらいいな。 『ゼルダの伝説』シリーズではじめてオープンワールドが採用された本作は、圧倒的自由度と膨大なやりこみ要素、加えて色彩豊かなグラフィックゆえ、プレイヤーを何百時間も楽しませてくれます。 もちろん読み込み時間もなくシームレスに。 神ゲーだった。 それにより繁栄した 古代シーカー族という存在。 そして、前作同様厄災ガノンを倒すことがメインミッションになると思われますが、何者かが厄災ガノンの復活を促していると考えられます。

Next

【速報】ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 続編発売決定 / 現在開発中と判明「任天堂が発表」 | バズプラスニュース

(画像はより) (画像はより) 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は2017年3月にNintendo Switch向けに配信された作品。 ひとつひとつの試練は簡単で短いものが多いですが、『試練の祠』は全部で120個あるためかなりのボリュームがあります! これをクリアすると『克服の証』というものが手に入り、『克服の証』4つで『ハートの器』または『がんばりの器』と交換することができます。 ガノンドロフは野心と力に満ち満ちており、ハイラルを支配したいと願うようになります。 このふりたはもしや……。 「ゼルダのアタリマエを見直す」というコンセプトから、最も濃厚なのが、時系列すらも断ち切った説ですが、あえて色々繋げる遊びもいいですね。

Next

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドの続編はいつ頃発売だと予想されますか?

他にも、そもそも料理をせずともダメージを受けたら回復して突き進むという強引なプレイで突破するなんて手も。 考察のカギとなるシーン ではさっそく考察に入っていきたいと思います。 この作品は、一万年以上の歴史により、過去との接点がわかりづらくなっていることから、時系列の考察が大変困難なものになっています。 リンクは流れ的にはハイラル王国に仕えるでしょうが、中立の立場で行動するということも考えられます。 「ゼルダの当たり前を見直す」をコンセプトに、オープンワールドの採用や多彩な移動アクションや環境パズルが用意された。

Next

【続編】「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド(BotW)」の新作の発売日や値段は?やはりSwitchがプラットフォーム?

Or would it be simpler for me to scrape my own leads? つまり、建物や道、はたまた遺跡などが崩壊していない状態のハイラルです。 com, theeliquidboutique. ゲームとして見たときに、新しいシステム、新しい要素など、前作地続きで作品を作る時には、前作の要素をどう引き継いで行くかが非常に重要になってきます。 不気味なBGM 5. reddit民がお送りします >>5 音声を逆再生してみたけど、言葉ではなかった。 ガノンを中心に渦を巻いている光はシーカー族の古代テクノロジーの光に似ていますが光の色が少し違いますね。 前作の流れを汲むとするならば、厄災ガノンの復活に関係してそうなのは厄災ガノンを信仰しているイーガ団くらいでしょうが、イーガ団の総長コーガ様があの程度のレベルだと考えると、イーガ団が厄災ガノンを復活させることができるとは思えません。

Next

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドの続編はいつ頃発売だと予想されますか?

敵が強くなり空中にも敵が現れるようになる高難易度モード「マスターモード」の追加。 前作のマップは非常に広大で、探索するだけで楽しめました。 Thank you a million and please continue the gratifying work. ガーディアンのビームを『ガードジャスト』すると、ビームをはじき返すことができ、一般的な固定型ガーディアンであれば一発はじき返すだけで倒せます。 最初に登場した形態は巨大蜘蛛のような形をしており、ガーディアンを取り込んで有合わせで作ったスクラップのような肉体です。 スポンサーリンク. ガーディアンを倒せるようになれれば、今までガーディアンがいて探索できなかった場所にも行けるようになり、行動範囲が増えてきます。 それほどまでに長く楽しめるゲームなのですが、「強くてニューゲーム」的な周回プレイ機能が付いていないことに関しては残念に思います。 関連記事 スポンサーリンク Contents• 過去のハイラルで何が起きたのか ここからは、真の黒幕は『ゾナウ族』という軸で説明していきたいと思います。

Next

「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド」続編のストーリーはどうなるのか?

メインストーリーの目的地に向かう途中にも、「あそこ気になる」「あっちの崖から飛び降りて向こうにパラセールで滑空したら何があるんだろう」とかワクワクして、どんどん寄り道しちゃうゲームです! ゼルダシリーズ初のイベントシーンのボイス化 今までのゼルダシリーズでも、リンクのかけ声などは収録されていましたが、本作で初めてイベントシーンがボイス化されました。 そしてこのトレーラーは不気味な雰囲気を放ってる。 主軸となるストーリーは恐らく 『ハイラルの歴史』です。 本当に細かくイベントが用意されているものの、僕はそこまで隅々とは探索していません。 今までのシリーズでは、マスターソードは役目を終えたら、封印する流れにあります。 解説は すっ飛ばして考察だけ読みたいという方は目次から『超!まとめ考察』にとんでいただければ幸いです。

Next