ヘキサ グラム スプレッド。 ヘキサグラムのスプレッド解説!タロット占いを楽しもう

ヘキサグラムスプレッドを用いたタロット占いの鑑定例「家族関係の悩みです。大学生の息子が連絡不精で困っています。私が過保護なのでしょうか……」

複数枚のタロットを並べることでそこに広がる世界を楽しむという、タロットの魅力を味わうためには、1枚引きに慣れてきたら、次に2枚のカードを引いてみることをお勧めします。 最後に、正三角形と逆三角形の中央に7枚目のカードを置いて、準備が完了です。 それから、 人の気持ちはどんどん変わってゆくもの!!! 良かれ悪しかれ、縛られないでいてほしいな。 興味のある方はヨガの冥想法などを勉強してみると良いと思います。 仕事の悩みから恋愛関係の悩み、その他悩みと名のつくものの解決法についてのアドバイスにはとても適しています。 。

Next

タロット占い方法~ヘキサグラムスプレッド~の解説

そうそう。 自分を含めた状況を見ることができますので、冷静に行動するのに役立ちます。 両手でカードを円を描くようにまぜてください。 最終的には単に占いとしての意義を超えた人間的な成長をはかる手段の一つとして活用することができるようになるでしょう。 たくさんの皆様へ向けた、 3択でのリーディング内容ですので 個別のリーディングやアドバイスとは異なります。 とるべき行動。 後日、体調のいいときに占いましょう。

Next

タロット占い方法~ヘキサグラムスプレッド~の解説

タロットは、具体的な問題に対して鑑定を行うことが多いのですが、その人の本質や「運勢」を知りたい場合には有効かもしれません。 「占い」といえば、ベールを被った占い師が意味ありげにカードをめくって何かを告げる、というスタイルが想起されます。 「過去にも同じような出来事があった。 今は友達として付き合っているが今後の行方を知りたい」についての占い結果で、カードの意味は下記のようになります。 都合上子供部屋を家具やパーテションで区切って個室としていますが下の子(女児)の部屋と隣接なのでプライバシーを守るには不十分なのはそのものズバリでした。 ヘキサグラムスプレッドは一覧性に優れ多角的な分析ができてサイコー! スポンサーリンク ヘキサグラムスプレッドの展開位置とやり方 ヘキサグラムスプレッドを展開するには、まずタロットに問いかけ、カードをします。

Next

ヘキサグラムスプレッドを用いたタロット占いの鑑定例「家族関係の悩みです。大学生の息子が連絡不精で困っています。私が過保護なのでしょうか……」

一番下。 子どもって、親が思うほど子どもじゃないし、本人が思ってるほど大人でもないですよね。 タロットリーダーは、 「目の前のクライエントには前に進む力があるんだ!」と信じて堂々としてほしいな。 現状の考え方を変えることで、未来もまた変わってくるのです。 。 無意識の望み。

Next

ヘキサグラムスプレッドのやり方・リーディングのコツ・相手の気持ちの捉え方‐挫折しない独学タロット講座その11

ははは。 そこで、今後は、今までの「仲のいい友達」という関係ではなく、男女としての関係を進めていこうかなと考えているようです。 6問題点・問題解決のためにとるべき行動 質問内容に対する問題点や、問題解決のための解決策をを示します。 [未来]は、私個人としては「必ず起こること」ではなくて「このまま進むとどうなるか」だと考えています。 心より感謝申し上げます。 自分の気に入った絵柄のカードを選ぶ事によって、占う際にカードとより一体化する事が出来ます。

Next

ヘキサグラムスプレッドのやり方解説!|占い・心理学・ネット集客を語るブログ「中川龍のブログ」

世界のカードに描かれている人物は両性具有だと言われています。 あくまで近い未来の結果であり、最終的な関係性は「最終結果」のカードで解釈します。 私が過保護なのでしょうか。 恋愛や仕事などの対処法• メール鑑定がメインです。 占ってもらう人に取ってももちろんですが、占う側にしても、並べるたびに新しい世界が広がるのがタロットの面白さです。 多数の人が絡む人間関係のお悩みや、長きに渡って複雑化した問題、人生全体を包む価値観についてのお悩みについて占うには適しません。

Next

ヘキサグラムスプレッドのやり方解説!|占い・心理学・ネット集客を語るブログ「中川龍のブログ」

[結論]は、タロットが全体を総括してなにか伝えようとしている、と考えるとわかりやすいかな。 私は、大学を休学して、再度受験を考えている息子がいます。 すると、あなたにカードが協力しようとしてくれるのです。 相手に嫌な事をされたて嫌われていると思っていたけど、自分は悪くなかった。 そんな風にカードを眺めると、リーディングしやすくなるのではないでしょうか。

Next