イン フォーム ド コンセプト。 コンセプト

リフォームコンセプト|大和ハウスリフォーム株式会社

法律上の等による同意については、も参照。 患者からの開示要求を拒みうる場合 [ ] 日本医師会ガイドラインでは、病名を正確に告知することで患者自身がショックを受け、病状が悪化する、ないしは発作的にやなどの自傷・他害行為を行うことが予想される場合、医療従事者側の説明義務の例外とみなされる。 なお、英語の本来の意味としては「あらゆる」法的契約に適用されうる概念であるが、日本語でこの用語を用いる場合はもっぱら医療行為に対して使用される(を参照。 中村直美 『エホバの証人の輸血拒否とパターナリズム』。 伊澤純 2000. このような医療不信や訴訟の増加は、大きな社会的費用となりうる。 本項では医療行為に伴うインフォームド・コンセント、特に医師を始めとする医療サービスの提供者(以下、医療従事者)と、患者との間でなされるインフォームド・コンセントについて述べる。 必ず書面で合意を得るべきという法的根拠はないが、一般的には重要な問題に関しては、ほぼ全例で書面による意思確認がなされる。

Next

インフォームド・コンセント

tkc. ) インフォームド・コンセントは、旧来の、医師・歯科医師の権威()に基づいたを改め、患者の自己決定権・選択権・を最大限尊重するという理念に基づいている。 インフォームド・コンセントについて、生命倫理懇談会は1990年に「説明と同意」と表現し、患者の を保障するシステムあるいは一連のプロセスであると説明している。 ただし、医学領域と異なり、インフォームド・コンセントの対象となるのは治療される動物ではなく、その飼育者である。 このような例としては、心肺停止時の蘇生を拒否するの意思表示や、、信者の一部が携帯している輸血に対する意思表明のためのカードなどがある。 当該治療行為を採用する理由、有効性とその合理的根拠、改善の見込み。 治療をしない場合の経過を聞く。

Next

リフォームコンセプト|大和ハウスリフォーム株式会社

その疾患に対する他の治療施設の有無を尋ねる。 樋澤吉彦: 新潟青陵大学紀要 5 ; 77-90, 2005• 一方、医師と患者のなれ合いが、インフォームド・コンセントを積極的に推し進める場合の障害になっていることは否定できない。 では、の診断のもと、家族の同意に基づいて精神科病院での入院加療が行われる。 患者が十分な理解力を備えた成人である場合でも問題が無いわけではない。 (医療において患者は、いかなる選択をしようと、公序良俗に反しない限り、自己決定権の範囲内として法的にも尊重される。 1990. しかし、ここまで明瞭な情報が患者本人に告知されることは、世界的に見ても多くはない。

Next

インフォームド・コンセント

患者が「全部お任せします」といって十分に理解しようとせずにだけするような事態や、医療従事者が強引に誘導して方針に同意させるような事態は、不適切なインフォームド・コンセントの典型例である。 しかし、インフォームド・コンセントの概念自体、患者に十分な理解・判断能力(「治療同意能力」または単に「同意能力」と呼ばれる)と、十分な時間的余裕があるという前提で成り立っている概念である。 本人の代理として代理決定をした家族の心理的な負担について、水野、1990年、200-202頁 を参照。 インフォームド・コンセントを患者の自己決定権を保障する「システム」あるいは「一連のプロセス」と捉えると、医師の説明義務の内容は患者が自己決定権を行使するために必要な情報を提供するものと考えられる。 あらゆる医療行為に伴って起こる可能性があり専門家が考慮すべき医学的事項は膨大な範囲に及ぶが、素人である患者は、専門家とはかけ離れた、限られた量の知識を元にして判断せざるを得ない。 何歳までを未成年者(法的に十分な責任能力を有しないとされる年齢)も各国で違いがある。 説明の範囲 [ ] 前述の通り、インフォームド・コンセントの理念が達成されるためには、患者が正確な情報を充分に与えられることが重要だが、どの程度までの情報を提供すれば「充分」なのかについては、(平成19年)現在、各医療機関の裁量に任されており、具体的なガイドラインはほとんど存在しない。

Next

コンセプト

そのため、無制限に与えられる「患者の主体性」を認めることが果たして良いことかどうか疑問視する考えもある。 出典 [ ]• Division of Mental Health and Prevention of Substance Abuse 1996. 典型的な同意書の文面例 [ ] 表明する 意思 文面の例 同意 私 (患者名) は、医師 (医師名) より、現在の病状・予想される副作用・代替の治療法について十分な説明を受け、理解しましたので、治療方針を受け入れることに同意します。 医療従事者も詳しい説明をする余裕はないし、仮にそのような慌ただしい状況で同意を得ても、法的拘束力には疑問が残る。 日本では、1月の日本医師会第II次生命倫理懇談会「『説明と同意』についての報告」、日本医師会第IV次生命倫理懇談会「『医師に求められる社会的責任』についての報告」に始まり、(9年)の改正によって、医療者は適切な説明を行って、医療を受ける者の理解を得るよう努力する義務が初めて明記された。 専門知識と経験をもとにして、真摯なアドバイス・提案を行い、それを聞いた素人が自分の価値観で判断をすることで成り立つものである。

Next

インフォームド・コンセント

また、この同意はいつでも撤回できることが条件として重要である。 。 どんな治療法があるのか、各治療法ごとの利点・欠点を、予後、多くの症状例(合併症状)を含めて聞く。 英国のガイドラインでは、16歳未満の患者については本人が理解・同意することが困難な場合、親や介護者の同意が必要となる。 未成年患者 [ ] を嫌がり続ける幼児に対しては、の同意のもとに治療行為が行われる。

Next

インフォームド・コンセント

唄孝一・宇都木伸・平林勝政編『医療過誤判例百選』有斐閣〈別冊ジュリスト140〉、1996年12月、第2版。 精神疾患患者の自己決定権がどのような要件の下で制約されるか、からの考察として、竹中勲「精神衛生法の強制入院制度をめぐる憲法問題」、『』484号、判例タイムズ社、 を参照。 なお、単なる誤解や説明不足に起因して患者が誤った判断を行った場合には、医療従事者側に説明義務違反が問われる。 医療制度や国民性の差異によって、インフォームド・コンセント法理の発展には相違がある。 やむを得ず患者には病名や治療方法を知らせず、や家族等に病名を知らせるといった対応が取られることもある(のちに患者の状態が十分安定したときに病名の告知をすることもある)。

Next